銀行員を辞めて家族でアメリカ移住してみたら、違った景色が見えてきた

アメリカの小学校は休校中 コロナきっかけに授業は今後オンラインが増える?

アメリカ 学校 コロナ

アメリカの小学校は来学年までお休み!?

学校 休校 コロナ

 

カリフォルニア州では3月17日から学校はず~~っとお休み中です。

 

これは”Stay at Home”の規制が発令されたため。

 

よく「外出禁止令」と訳されていますが、「外出規制」がよりピッタリな印象。

不要不急な外出は控えなさい、という趣旨なので。

 

逆に言えば、必要(Essential)なら出かけてもよいということ。

これは病院、スーパーマーケットなどがその代表ですね。

それ以外は、基本的には在宅で済ませて、外出は控えてね、ですね。

 

発令されたときには、4月14日くらいまでを目途として、と言われていましたが、

トランプ大統領が延長を決定し、現在のところ4月末までとなっています。

 

東海岸を中心に感染者がまだまだ増加中なので、致し方ないといったところです。

 

うちの学区の小学校は夏休みに入るのが、6月第1週です。

5月の中旬くらいから夏休みモードで、コーラスや発表会など学年末のまとめのような行事が多くなり、

勉強らしい勉強はあまりやりません。

 

なんで、4月末で解除になったとしても、学校はきっとそのまま、「念の為」として夏休みに突入するのではと想像しています。

 

Sponsored Link

小学校はコロナで休校中の勉強は?

学校 休校 コロナ

 

人に会って感染リスクを高めるよりは、家にいて安全に過ごすのがいいのですが、

心配になるのが子供の学習です。

 

もし、3月17日からそのまま夏休み入るとすると、2か月半~3か月分は正規の通学日数より短いことになります。

 

もともと一学年の通学日数の合計は9か月くらいなので、3分の1くらいなくなる計算です。

ここは親の踏ん張りどころとして、家でも学校のスケジュールに沿って、

昼間はちゃんと机に向かわせるようにしています。

 

ただ、学校ほどの緊張感はないので、やはり遊びがちにはなってしまいますが。

助かったのは早めにオンラインでの授業が開校されたこと。

 

もともと学校のクラスでのipadのタブレットを使った授業はやっていたので、

それが拡張された感じですね。

 

課題も出るし、進捗状況も担任の先生を含め、親もモニターできるので、助かります。

クラスのパパ・ママに会わないと、親としてもなんとなく取り残されているのではという

不安感に襲われるので。

 

Sponsored Link

 

アメリカの小学校にはHome Schooling(ホームスクール)も

学校 休校 コロナ

 

アメリカの学校では通学ではなく、オンラインで授業を受ける選択もあります。

これは「Home Schooling」といわれる制度。

 

もともと、学校に通うのが難しい子供のためのもうけられたものです。

この「難しい」の意味は、クラスになじめない、登校拒否とかのネガティブな原因だけではなく

小さいころからテニスが上手くて、小学生の全米の大会に出場するために、

アメリカ中を飛び回っているので、学校に通えないようなケースも入ります。

 

才能を伸ばすために、教育制度がフレキシブルになっているのはありがたいですね。

 

今回のコロナ騒動で、正常の戻った後でも在宅勤務の割合が増えるかと思いますが、

子供のHome Schoolingもテクノロジーの進歩に合わせて、きっとどんどん増えていくのでしょう。

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。