銀行員を辞めて家族でアメリカ移住してみたら、違った景色が見えてきた

アメリカはすでにピークアウト?ソーシャルディスタンスがコロナ対策には一番?

ソーシャルディスタンス

ソーシャルディスタンスがコロナ対策には効果的

スーパーでのソーシャルディスタンス

 

コロナ対策にはソーシャルディスタンスが一番効果的だということが
共通認識になってきました。

 

ソーシャルディスタンスとは人と人との距離を約2メートル常に保ち、
それよりも近づかないでおこう、というものです。

 

よくアメリカのスーパーで間隔をあけて並んでいる人のニュースを見ますが、
あれがソーシャルディスタンスですね。

 

コロナウイルスは飛沫感染するので、コロナウイルスを持った人が会話をすると
ウイルスが空気中に飛沫します。

 

でも、2メートル離れていれば、その飛沫を吸い込むことがないので、
コロナウイルスへの感染を防げるわけですね。

 

私も住んでいるロサンゼルスでも、地元のアメリカ人はしっかりと実践しています。

昨日もスーパーに食材の買い出しに行ったのですが、レジに並ぶ人たちはしっかりと
間隔を取って並んでいました。

 

最近運動不足を解消するために、家の近所をジョギングするのですが、
人と人がすれ違う時は、どちらかが大きくよけて通過しています。

 

多分、コロナ騒動の前であれば、「なんでそんなに俺のことをよけるんだ!?」と
逆に不審がられたかもしれませんが、今は近寄らないのが普通になりました。

 

以前のように「Hi!」「Hello!」など言葉を交わすこともなくなってしまいましたね。
ちょっと寂しい気もしてますが。

 

日本でもソーシャルディスタンスを取りましょう、とは言われえていますが、
通勤電車に乗ったり、スーパーの狭い通路を通ったりするので、
なかなか完璧にソーシャルディスタンスを守るのは難しいと思います。

 

我が家もそうですけど、きっとコロナウイルスを真剣に怖がっているご家庭では、
パパがスーパーへの買い出し係になっているのでしょうか。

妻や子供が罹るより、自分が感染したほうがまだ気が楽かもしれませんが。

Sponsored Link

 

アメリカはピークアウトした?

道路に出口と書かれた写真

 

アメリカでは”Stay at Home”(外出規制)の命令が出たのが3月19日なので、
今日4月14日で約4週間経ちました。

 

一番感染がひどいのがニューヨークですが、ここ数日は新規の感染者数が頭打ちになってきています。

クオモ知事も「ピークアウトしたかも」とコメントしていました。

 

またこちらのニュースを見ていると、「ソーシャルディスタンス」作戦が最も効果を発揮した。
とのコメントが多いように思います。

 

コロナはインフルエンザと同じように、感染者一人が他の人に一人以上の割合で感染を広げると
どんどん拡大していきますが、それを一人以下に抑えることができれば、次第に終息を迎えることができます。

 

ニューヨークでは不要不急の外出は、たとえ単独で歩いていても警官から警告を受けますし、
場合によっては1000㌦の罰金を払わされることもあります。

 

そこまでして人と人の接触を減らしてきたわけですが、それでも
感染者を減少させるのに3週間以上はかかったことになりますね。

 

クオモ知事も言っていますが、ここで油断してソーシャルディスタンスの規制を緩めると
再び感染者が増加するかもしれません。

 

発表されている予定では、外出規制とソーシャルディスタンスをとることは5月15日まで
求められることになっています。あとさらに一か月です。

さすがにそのころにはかなり感染の縮小が確認されていることと期待しています。

Sponsored Link

 

日本ではソーシャルディスタンスが取れていない?

商店街を行きかう人々

 

私の両親は埼玉にいるので、日本での感染拡大はホントに心配なのですが、
果たして現状の規制でコロナ感染を封じ込められるのでしょうか。

 

日本ではほとんどの人がマスクをしているので、仮に感染者が近くにいても
その方からの飛沫感染の可能性は、ある程度マスクによって抑えることはできているのでしょう。

しかし、通勤電車と出勤を続けている会社のオフィスのスペースが、感染拡大のもとになりそうで
かなり心配です。

 

きっと本音ではだれも通勤電車やひとの多いオフィスへは行きたくないのでしょうけれども、
仕方がないのでしょうかね。

 

4月8日に緊急事態宣言が出された当初は、そのまま営業・業務を継続しているところが多かったのですが、
次第にクローズになってきているようですね。

 

私も自動車免許の更新が6月なのですが、コロナの影響でどのくらいの期間更新の延長ができるのか
緊急事態宣言後の調べました。

 

3か月という延長可能期間はすぐにわたったのですが、驚いたのは免許更新時の講習会をそのまま
継続して開催していたことです。一応注意書きとして熱がある人は来ないでね、とかアルコール消毒液を
講習室の入り口設置してあるとかの記載はありましたが、私の感覚的にはかなり怖いなと感じました。

免許更新講習会イメージ

 

今朝のニュースで、警視庁が免許の更新業務を4月15日から中止するとの報道があったので、
そうだよなあと、ある意味安堵したところです。

 

日本人はBCG接種をしているから感染が防げているとの話も出ていますが、
まだ未確認情報ですし、もしかしたらこれから爆発的な感染者数に膨らむことも十分に考えられます。

 

人と交わらないのはさみしいですが、ソーシャルディスタンスを保ってしばらくは生活していきます。

(Zoom飲み会を先週末行いましたが、意外に楽しかったですね。
自宅なのでお開きの後にすぐ寝れるのも、ポイント高いです。)

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。