慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

AI・フィットネスがアメリカで主流に?エクササイズもパーソナルで効果的!

AI フィットネス

 AIを使ったフィットネス in アメリカ

AI フィットネス

 

AI(人工知能)がだんだんと我々の生活で使われることが多くなってきました。

 

アメリカではフィットネスがものすごく盛んです。なにしろ痩せ型よりもマッチョが魅力的とみられるお国柄、みんなフィットネスに燃えています。

 

とくにアジア系の男性は、白人やアフリカ系アメリカ人とくらべると体型が細いので、筋肉をつけることに必死です。

 

女性も痩せ型美人がモテるのではなく、適度にふくよかなセクシー系(安産型ともいう?)が人気。

 

でも、フィットネスに長々と時間をかけられるほど暇ではないので、効率の良いトレーニングをもとめているのは、日本もアメリカも一緒です。

 

そこで、最近はやっているのが、マシンにAIを導入し各個人に最適なそして目的に沿ったメニュー・負荷を設定してくれるフィットネスジム。

 

多くのフィットネスが(特に以前は)自分で負荷やトレーニング時間を設定しなければなりませんでした。(だからトレーナーの専門知識が必要なんですが) それをAIにやらせてしまえば!という発想ですね。

 

たしかに、、、グッドアイデア!

 

AIでフィットネスもパーソナルにメニュー設定 フィットネスでのAIによるパーソナルはメニュー設定は、本当に便利。痩せたいのか、筋肉をつけたいのか、体重を維持したいのか、目的に合わせてちゃんとメニューを組んでくれるんですから。

 

最近は、スマホに体重計と連動したアプリを入れられます。体重計に乗るだけで日々の体重の増減をしっかりと記録してくれます。それに体脂肪測定からカロリー計算までもやってくれます。

 

フィットネスも進化しなければ、メンバーも集まりませんからね。 現在はまだ、心拍数や負荷をかけたときの筋肉の反発力などからAIが計算していますが、そのうち血液や汗などから体質を計測して、各々がかかりやすい病気の予防に効くフィットネスなんかも、パーソナル・メニューとして組み込まれるかもしれません。

 

Sponsored Link

 

やはりAI先進国はアメリカ

AI フィットネス

 

日本でAIを導入したフィットネスとして有名なのは「エクササイズコーチ」ですかね。

 

https://exercisecoach.co.jp/

 

こちらも「アメリカから上陸!」とHPにあるので、プログラムやマシンはMade in USAなんでしょうかね。 やはりAIはアメリカのほうが1~2歩リードしてますね、日本よりも。AI導入のフィットネスマシンもしばらくはメイド・イン・USAが続きそうです。

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。