慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

ロサンゼルスでクルマは必要か?交通ルールや渋滞が心配!?

ロサンゼルス クルマ

ロサンゼルスでクルマは必要か?

ロサンゼルス クルマ

 

ロサンゼルスで生活するにはクルマは必ず必要になってきます。 

 

慣れない海外で生活を始めた当初は、道もよくわからないし交通ルールも日本とはちょっと違うので、きっとクルマの運転は不安だらけだと思います。

 

もしバスや電車のような公共交通機関が整っていれば、せめて慣れるまではクルマの運転は避けたいもの。その気持は良くわかります。私も渡米した当初はできればクルマの運転は避けたかったのですが、まだ小さい子供もいたので、子供の手を引きながら荷物を抱えてバスや電車で移動するのは現実的ではなかったので、レンタカーを使わずにはいられませんでした。

 

でも家族連れでなくても、おそらくすぐにクルマは必要になるのではと思います。というのはロサンゼルスは街が巨大なんです。なにしろロサンゼルス郡は人口は約1000万人と東京都と同じくらいですが、面積は11,000平方キロメートルと2,200平方キロメートルの約5倍の広さがあります。

 

東京は高層ビルのように空に向かって上に伸びている都市ですが、ロサンゼルスは地平線に向かって横に広がった都市といえます。だから大都市にもかかわらずアメリカ西海岸の澄み切った青い空を街なかでも楽しめるのですが。同じアメリカでも摩天楼のニューヨークとは大違いです。

 

でも移動という点では横に広がっているとなにかと時間がかかります。それにロサンゼルスの場合はバスや地下鉄のような公共交通手段があまり発達していません。

 

街がゆったりとした空間を保ちならが横に広がり開発がされてきたために、バスや地下鉄を発達させようにも効率が悪いんですね。たぶん1,000万都市となった現在であれば採算は取れるのでしょうが、そこは車社会のアメリカ、そこまで将来を見通して公共交通手段に予算が使われることはありませんでした。きっとフォードやクライスラーのような巨大クルマ産業からの献金という圧力も政治家にあったのかもしれませんが。

 

Goole Mapを使うとよく分かるのですが、バスや鉄道を使えばほぼロサンゼルス内は移動することができます。さすが大都市ロサンゼルス! でも、むちゃくちゃ時間がかかるんです。よほど運が良くない限りクルマでの移動と同じくらいの時間で公共交通手段で移動できることはありません。多分2~3倍の時間はかかります。残念ながら。

Sponsored Link

 

アメリカ・ロサンゼルスの交通ルールは?

ロサンゼルス クルマ

 

ということで、結論的にはロサンゼルスに住むのであればクルマは必需品といえます。(例外的に学生が大学と下宿先を往復するだけとかであれば不要かもしれませんが)

 

私が渡米して気づいた(学んだ)日本とアメリカ・ロサンゼルスの交通ルールのおもなものとしては、

1.クルマは右側通行(当たり前ではありますが、これが意外に慣れるまでは大変。左折して思わず左車線に入ってしまうことも。あとクルマのワイパーと方向指示器が日本のクルマとは左右逆なのも)

 

2.赤信号でもクルマは右折できる(ほとんどの交差点では赤信号でも一時停止をして安全を確認すれば、そのまま右折できます。でも中には”Do Not Turn on Red”と赤信号での右折禁止の交差点も。運転免許の実地試験ではこの手の交差点が必ず試験に含まれていて、つい赤でも右折してしまうと、試験には落ちます。)

ロサンゼルス 交通ルール

 

3.動物の死骸が多い(これはロサンゼルスだけなのかもしれませんが、大都市にもかかわらず緑も多いので動物も多くロサンゼルスには住んでいます。交通量の多いロサンゼルスの道路を渡るとかなりの確率で引かれることとなり、残念ながらその死骸をよく目にすることとなります。余談ですがスカンクを轢くとその強烈な匂いでそのクルマはほぼ乗れない状態になるとか。)

 

4.駐車するときはアタマから(日本ではショッピングモールとかで駐車するときには、後ろ向きで駐車します。そのほうが出るときに楽だからなんですが、アメリカではアタマから駐車すると泥棒では?と疑われます。そう、出るのに(逃げるのに)楽だから。現実的には駐車スペースが広いので後ろ向きで出ても問題なく切り返しができるからというのが理由だと思います。日本でアタマから駐車したら、出るときがホント大変だと思います。)

ロサンゼルス ショッピングモール 駐車場

Sponsored Link

ロサンゼルスで渋滞はあるか?

ロサンゼルス 渋滞

 

日本の道路渋滞はこの十年でかなり改善されてきたかと思います。それでも朝夕は渋滞しますが、それでもピタッ!と止まるような渋滞はお盆やゴールデンウィークくらいかと。

 

ロサンゼルスはアメリカの中では渋滞する都市として有名です。なにしろ1000万都市ですから。

 

ロサンゼルスで大企業が集中しているのはダウンタウンの高層ビル街。ココを目指して毎朝5時くらいから激しい渋滞がハイウエイであります。「朝5時」に驚かれるかもしれませんが、東海岸との時差が3時間あるので大企業の従業員はみんな早朝出勤です。(ロサンゼルスの朝5時はNYの8時なので)そのかわり帰りの渋滞は夕方4時ごろがピークですが。

 

ダウンタウンへの通勤をされるのであれば避けられませんが、そうでなければピークの時間を外して移動すればほぼ大丈夫でしょう。なにしろハイウエイの車線は3~5車線くらいありますから。

 

ロサンゼルスのハイウエイは他のアメリカの都市に比べれば複雑ではありますが、東京や大阪の首都高速道路網に比べればまだまだシンプルです。それに1車線の幅は感覚的には日本の1.5倍くらいはあるので、無理な運転をしなければ快適に走行することができます。

 

まとめ

ロサンゼルスに住むのであればクルマは必要です!早めに手に入れて運転に慣れてしまいましょう。

 

ちょっと行けば夕日の美しいアメリカ西海岸ですし、東側の山も近いのでその気になれば午前中にスキーをやって夕方はビーチで夕日を見ながらのんびりすることもできます。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。