慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

松山英樹がトランプをゴルフ接待!?場所はスリーハンドレッド?会話の内容は機密?

トランプ 松山英樹 ゴルフ

松山英樹がトランプをゴルフ接待!?

11月5日から予定されているトランプ大統領と安倍首相との日米首脳会談での、恒例のゴルフ接待ですが、今回は松山英樹選手も一緒にプレーしまう。

トランプ 松山英樹 ゴルフ

 

きっと安倍首相からの提案なのでしょうが、目的は何なんでしょうかね?いつも二人でまわっても面白くないので、アメリカで活躍している日本の若手プロゴルファーの実力をトランプ大統領に見せるとともに、プロを入れることでピリッと引き締まったラウンドにしたいのかもしれません。

 

安倍首相のゴルフのスコアは90台半ば、と言われています。一般的なお父さんゴルファーの平均スコアくらいではないでしょうか。

トランプ 松山英樹 ゴルフ

 

私のゴルフスコアもだいたい90~100の間なので、イメージがわきますが、決して上手い部類ではありません。OBも打つし、チョロも出るし、でも2回に1回はナイスショットで狙い通りのところに打てる、という感じでしょうか。

 

サラリーマンゴルファーでも周りから見ていて、「この人上手い」というのは80前半を出せるレベルの人かと思います。一打一打の球筋がやはり違いますからね。ボールに回転がよくかかっていて、唸りをあげながら飛んでいきますから。

 

トランプ大統領のゴルフの腕前はというと、ハンディキャップが3といわれているので、75~80くらいではラウンドするのではないでしょうか。ドライバーの飛距離も280ヤードは飛ばすそうです。

トランプ 松山英樹 ゴルフ

 

トランプ大統領のゴルフの腕前だと、90台半ばの安倍首相とのラウンドは、純粋にゴルフを楽しむ目的であれば、ちょっと物足りないのではないでしょうか。

 

上手い人同志であれば、ゆっくりとフェアウェイを歩きながら会話も楽しめるでしょうけれども、90台半ばであれば、ボールは右に左にと飛んでいくでしょうから、ティーショットのあとは、再び会うのはグリーンの上なんてことにもなりかねません。

 

もっともトランプ大統領とのゴルフで、そこまで安倍首相がボールを追いかけていくとも考えられませんけどね。仮にもアメリカ大統領とのゴルフラウンドですから、話をしないことには意味がないですから。

 

今回、松山英樹選手を誘ったのは、ゴルフの上手いトランプ大統領に満足してもらうために、自分のゴルフの腕前をカバーしてくれるプロを助っ人して入れたのだと想像します。

 

トランプ大統領にしてもそのほうがきっと楽しいでしょうね。

 

Sponsored Link

 

松山英樹とトランプはいつどこのゴルフ場で?スリーハンドレッドクラブ?

さてこのゴルフ接待は、一体どこのゴルフ場で行われるのでしょうか? 当然警備上の理由で事前にゴルフ場名が一般公開されることはないわけですが、想像してみたいと思います。

 

まず、メンバー制で入会審査が厳しいところになるでしょう。爆発物や危険物を事前に持ち込まれてなならないので、それこそどこぞの大企業の会長しかメンバーになれないようなゴルフ場に限られるのでしょう。

 

さらに日米首脳会談の日程の合間をぬってのゴルフですから、東京からのアクセスが良いところに限られます。トランプ大統領の移動は米軍のヘリコプターになるのでしょうか。

 

安倍首相は幾つものゴルフ会員権を所有し、いろいろなゴルフ場でプレーしていますが、そのなかでももっとも敷居が高いのが神奈川県茅ヶ崎市にある「スリーハンドレッドクラブ」ではないでしょうか。

トランプ 安倍 スリーハンドレッド

 

入会資格は次のようなものといわれています。

 

政治家:首相、外務大臣経験者、
財界人:東証一部上場企業のトップ経験者で50才以上
役人:外交官

 

クラブの名前にもあるようにメンバーの人数は300名までで、これだけの高いハードルにもかかわらず、現在も100名を越える入会希望者がいるそうです。ちなみに会員権は7000万円とも8000万円ともいわれていますが、このレベルの人たちには関係ないのでしょう。

 

ここまでくると、バブルの崩壊なんてどこ吹く風で別格のゴルフクラブなんでしょう。

Sponsored Link

 

松山英樹はトランプと安倍の会話も聞いてしまう?

さて安倍首相にお誘いを受けるという大変な名誉を受けた松山英樹選手ですが、実際にトランプ大統領、そして安倍首相と一緒にラウンドをするときに一体どんな会話をするのでしょうか。

トランプ 松山英樹 ゴルフ

 

そもそも松山英樹選手は英語は得意なのでしょうか?

 

ゴルフ選手で英語というとCMで流暢に英会話をする石川遼選手が有名です。それに対して、松山秀樹選手というとあまり英会話の印象がありません。

トランプ 松山英樹 英語

 

世界に挑戦し始めた2013年ころは英語にカタカナのふりがなをつけて読んでいたようです。また一緒にラウンドした外国人選手ともコミュニケーションもなく、それがストレスとなって、スコアにも悪影響を与えていたようでした。

 

でも、海外転戦を数年続けたおかげか、現在は日常会話レベルの英語は問題なく話せるようになったようです。

 

そこで問題になるのは、英語を話せるということは、安倍首相とトランプ大統領との会話の内容もある程度は理解できるということになります。

 

まさか松山英樹選手がいるところで、機密情報を話し合うとは思えませんが、あのトランプ大統領のことですから、ついポロッと本音が出てしまうこともあるかもしれません。

 

聞いてしまった松山選手も機密情報と分かれば他言しないのでしょうが、何のことかあまりわからずに周りに漏らすなんてこともありえるかもしれません。

 

マスコミもそんなことを期待して、ラウンド後の松山選手に「感想は?」といいながら、どんな会話がなされていたかの探りを入れるんでしょうね。

トランプ 松山英樹 ゴルフ

 

よもやの事態にならないように、情報コントロールをしなければならない官邸サイドとしては、どうコントロールするのでしょうかね。今回は通訳と称して監視人をラウンドに同行させるのかもしれません。

 

松山英樹選手も緊張からティーショットをOB!なんてこともあるかもしれません。

 

頑張れ!松山選手!日米の架け橋に!

 





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。