慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

【写真】金正恩の妹ヨジョン(与正)が北朝鮮ナンバー2か?美人で可愛い性格と評判

金正恩 妹 ヨジョン

北朝鮮のナンバー2は金正恩の妹ヨジョン(与正)?

北朝鮮の国営メディアの10月8日の報道によると、金正恩が実妹の金与正(キム・ヨジョン)を、最高意思決定機関のメンバーに抜擢したそうです。

金正恩 妹 ヨジョン

 

いままでのミサイル発射実験やその他の北朝鮮からの報道映像を見ていると、女性が映像に映っていたのは、金正恩の妻の雪主(ソルチェ)くらいで政府役人・軍人で女性が出てくることはほとんどありませんでした。

金正恩 妻 

 

北朝鮮の金一族のように一国を世襲で治めている国であれば、一番怖いのは腹心の部下の裏切りです。

 

それを防ぐためには、親族を政府中枢に据えてしまうのが一番安全です。

 

日本も江戸時代に徳川幕府は徳川の血筋の武家を幕府の要職につかせて、徳川幕府が200年以上も続く安泰の体制を構築していました。

 

世襲国家ではありませんが、アメリカのトランプ大統領も、自分の娘や娘婿を要職に就かせています。こちらは政府転覆を防ぐためでは流石にないでしょうけれども、少しでも自分の行いたい政策を推し進めるためなんでしょうね。

 

さて、北朝鮮の金正恩の実妹ヨジョンですが、どんな政治的なキャリアがあるのでしょうか。なぜ最高意思決定機関のメンバーに抜擢されたのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

金正恩の妹ヨジョンが美人で可愛い性格と評判!?

北朝鮮のことなので情報は限られていますが、現在ヨジョンについてはわかっていることは、

 

名前:金与正(キム・ヨジョン)(英語表記でKim Yeo-jong)
生年月日:1987年9月25日(30才)

 

身長や体重などの一般的なプロフィールはわかりませんが、写真で見る限り小柄で華奢な女性に見えます。

金正恩 妹 ヨジョン

 

ヨジョンは第2代最高指導者の金正日の四女で、兄が第3代最高指導者の金正恩になります。

 

ヨジョンの政治活動は2014年3月に彼女が26才のときの、最高人民会議の代議員選挙が公式の活動としては最初になります。

 

党内での役職としては、2016年1月に労働党副部長という肩書が公開されています。ヨジョンの今までの実質的な役割は、金正恩の日程を管理する秘書的なもののようだったようです。

 

それが、今回最高指導機関の党中央委員会委員の名簿に128人中43番目という序列で名前が載りました。

 

また、朝鮮労働党の要である政治局員候補4名のうちの一人に指名されました。政治局員は5名だけなので、その政治局員候補4名に入ったということは、数年のうちには政治局員として名を連ねることになるのでしょう。

 

秘書業務から、北朝鮮の政治の舵取りの一翼を担う地位への大抜擢です。

 

ありえないとは思いますが、米朝会談のときに北朝鮮側から金正恩とヨジョン、そしてアメリカからトランプ大統領と娘のイヴァンカが列席したら、米朝代表がそれぞれ親族という過去に例のない図式になるかもしれません。

金正恩 妹 ヨジョン

 

 

ヨジョンはかなり美人で愛くるしい表情の写真もあります。きっとかわいい性格なのかもしれません。クールな印象のイヴァンカとは対象的かもしれません。

 

Sponsored Link

 

妹ヨジョン(与正)の躍進の意味すること

北朝鮮の実際の政治の権力構造がどうなっているのかはわかりません。実妹を最高意思決定機関のメンバーに抜擢することが簡単にできるのか、それともさすがの金正恩でも骨の折れることだったのか。

金正恩 父

 

もし、金正恩が父・金正日から権力を継承した直後であれば、おそらく党の序列を大きくいじることはできなかったでしょう。党の重鎮たちが父・金正日には忠誠を誓っていたとしても、その子供である金正恩にも同じように忠誠を誓うとも限りません。

 

権力構造のナンバー2・ナンバー3にしてみれば、金一族を追い落として自分が最高権力者になるチャンスでもありますから。

 

父・金正日の死去が2011年12月でしたからもうすぐ6年が経ちます。この間に報道されているように金正恩は親族を含めていろいろと粛清を行ってきました。

 

おそらく現在ではかなり権力の基盤は安定しているのではないでしょうか。よって政治的な実績や軍事的貢献のない妹ヨジョンを、党の要職に抜擢することができたのではないでしょうか。

 

金正恩にしてみれば、周りの意見に左右されずに独裁政治で北朝鮮を統治したいという考えもあるかもしれませんが、もっと心配し恐れているのは、おそらくは自分が最高権力者の地位を引きずり降ろされること。もしかしたら暗殺されることもあるかもしれません。

 

自分の身内が側近中の側近である5名しかいない政治局員の一員として名を連ねられれば、不穏な動きがあったときに察知しやすいですからね。

 

なかなか独裁政治も大変なのかもしれません。

 





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。