慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

有村架純主演の『ひよっこ』はいつまで?NHK朝ドラの次のドラマは?

有村架純

有村架純主演の『ひよっこ』はいつまで?

NHK朝ドラ『ひよっこ』が始まって約2ヶ月が経ちました。

有村架純 ひよっこ

 

視聴率は20%前後を行ったり来たりで、NHK朝ドラとしてはやや低めの数字となっています。

 

大きな話題となった『あまちゃん』が平均で20.6%だったので、「不信」というほど低い数字ではありませんが。

 

有村架純さんの人気度から考えれば、もっともっと視聴率が取れても良さそうですが、伸び悩みは視聴者の年齢層に原因がありそうです。

 

有村架純さんはかわいいしぐさや表情から、誰からも愛されるキャラなので幅広い年齢層から人気を集めています。

 

そのなかでも中心となっているのは、10代から30代前半の男性になります。

 

でもこの世代の男性は、平日の朝は学校にいくか仕事にいくかで、NHKの朝ドラを見ている時間はありません。

 

NHK朝ドラの中心的視聴者層は、主婦である女性と現役を引退したシルバー層になります。

 

彼らは有村架純さんの中心的なサポーター世代ではないので、NHK朝ドラを見るか見ないかは、有村架純さんが出演するかどうかではなく、ドラマのストーリーが面白いか面白くないかにかかってきます。

 

よって、『あまちゃん』よりも『ひよっこ』の視聴率が伸び悩んでいるのは、ドラマのストーリーが理由と考えられますね。

有村架純 ひよっこ

 

しかし、有村架純さんのファンの男性陣にしてみれば、NHKの朝ドラに出演している間は、他のドラマで有村架純さんを見れないので、「有村架純ロス」の状態となっています。

 

CMも朝ドラ出演中は新規に契約は結べないそうです。これは朝ドラ主演者に別のイメージがつかないためだとか。

 

よって、有村架純さんを見れるのは『ひよっこ』か、以前から放送されていた企業CMに限られてしまいます。

 

じわじわと「有村架純ロス」が広がっているのか、平日の朝見れない男性陣が土曜日の再放送に集まっているようで、普通はあまり視聴率が伸びない土曜日の放送が、『ひよっこ』では毎回20%越えと、本家の平日の放送を上回っています。

 

こうなると気になってくるのが、『ひよっこ』がいつまでなのかということ。

 

『ひよっこ』が終わらないと有村架純さんにテレビで頻繁にお目にかかれませんから。

 

NHK朝ドラは半年間なので、4月3日に放送開始の『ひよっこ』は。2017年9月30日が最終回となります。

Sponsored Link

 

有村架純のNHK朝ドラの次のドラマは?

そうすると早くても10月にならないと「有村架純ロス」は解決しないわけです。

有村架純

 

民放のドラマは3ヶ月交代になるので、現在は4~6月のものが放送されています。

 

その次が7~9月のクールになり、武井咲主演の『黒革の手帖』や渡辺直美主演の『カンナさーん!』が注目を集めています。

 

『ひよっこ』が9月まで続くので、有村架純さんが出演できるのは、さらにその次のクールの10~12月期のドラマとなってしまいます。

 

さすがに10~12月期のドラマについては、まだ情報が出てきていないので、まったくわかりません。

 

しかし、きっと各局争奪戦が繰り広げられるのではないでしょうか。

 

無名の新人がNHK朝ドラの主演をした時ですら、民放ドラマの主演に一気に抜擢されたりしますから、もともと人気が高い有村架純さんだったら、爆発的視聴率を稼ぎ出せるかもしれません。

有村架純 ひよっこ

 

『ひよっこ』での有村架純さんは、1960年代の集団就職で上京した主人公・谷田部みね子の役なので、純粋で疑うことを知らないいわば「乙女」です。

 

もし、10月からのドラマで、このイメージとかけ離れた大人の女を演じたら、そのギャップで、ものすごい視聴率を叩き出せるかもしれません。

 

有村架純さんも24才なので、可愛いだけのイメージから飛躍するにはいいかもしれませんね。

Sponsored Link

 

有村架純の『ひよっこ』出演は大損?

NHK朝ドラの出演料は主演でも一話10万円といわれています。民放のドラマであれば安くても100万円。

 

NHK朝ドラは毎日放送されるので、撮影の分量も膨大になります。よって、ほぼ他の仕事を受けるのは難しいくらい拘束時間が長くなります。

 

そうすると、『ひよっこ』に出演している半年間の有村架純さんの収入は、1500万だけになってしまいます。(1話10万 X 全150話として)

 

もしこの半年間民放のドラマに出演していたとしたら、どうなるでしょう。当然CMにも出演できるので、その分も考えるとかなりの金額の差になりそうです。

 

有村架純さんの民放でのドラマ1話の出演料は120万円、CM出演料は3000万円といわれています。

有村架純

 

半年でドラマ2つ、そしてCM3本に出演したとしたら、

 

ドラマ:2400万円(120万円 X 10話 X 2つ)
CM:9000万円 (3000万円 X 3CM)

 

有村架純さんは2015年・2016年と年間5~6本くらい出られているので、半年で2~3本のCMに出るとして計算してみました。

 

合計で1億1400万円!!

 

NHK朝ドラのギャラ1500万円との差は、約1億円!

有村架純

 

きっと有村架純さんの事務所は『ひよっこ』のオファーがあったときに悩んだんでしょうね。

 

でも、NHK朝ドラ主演は長く記憶に残るものなので、損得ではないのかもしれませんが。

 





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。