慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

中山美穂の昔の画像!綺麗でかわいい!現在はやはり劣化で老けたのか?

中山美穂 メイド服

中山美穂が綺麗でかわいい昔の画像!

『貴族探偵』での中山美穂さんが、「劣化」「老けた」とドラマを見た人の感想がいろいろと出ています。

 

中山美穂さんもすでに47才なので、年齢の割には十分綺麗だと思うのですけど。テレビを通して見るとちょっと綺麗や可愛いくらいでは、ごく普通の女性に見えてしまいますからね。

 

ましてや本当にただの40代後半のおばさんだったとしたら、画面を通して見たらかなり悲惨な状況だと思います。

 

よく街角インタビューなんかで一般の中高年の女性がテレビに出ていたりしますが、やはり一般人はやはりそれなりでしかありませんからね。

 

では、「劣化」「老けた」といわれるのは、アイドル時代の中山美穂さんがあまりに綺麗で可愛かったからなのではないでしょうか?

 

中山美穂さんのプロフィールを簡単にまとめると、

 

生年月日:1970年3月1日(47才)
出身地:東京都小金井市
血液型:O型
身長:158cm

 

1982年の12才のときに原宿でスカウトされて芸能界デビューしました。

 

TDKの広告に登場していた13才頃の中山美穂さんがこちら。

中山美穂 カセット CM

 

目のくりっとした可愛い女の子ですね。こんな子が同じクラスにいたら授業中に思わず何度も見てしまいそうです。

 

1985年には早くも15才で、TBS系ドラマ『毎度おさわがせします』のツッパリ少女・のどか役で女優デビュー。

中山美穂 毎度おさわがせします

 

15才とは思えないほどちょっと大人びた感じになってきてます。

 

1985年6月にデビュー曲「C」でアイドル歌手としてもデビューしました。

中山美穂 C

 

アイドル全盛時代だったこともあり、その後もヒット曲を連発!

 

17才のときには中山美穂さん主演のドラマ『ママはアイドル』が爆発的にヒットし、ドラマの中での愛称「ミポリン」がそのまま、中山美穂さんの愛称となり30年後の現在も使われています。

中山美穂 ママはアイドル

 

(後ろのかわいい女の子は後藤久美子さん!)

 

1989年には「月9」のドラマ『君の瞳に恋してる』に主演。28年前に『貴族探偵』と同じ「月9」の放送枠で主演していたんですね。

中山美穂 君の瞳に恋してる

 

1998年には木村拓哉さんと共演した『眠れる森』でドラマの最高視聴率30.8%という驚異的な数字を叩き出しています。

中山美穂 眠れる森

 

当時中山美穂さんが28才、木村拓哉さんが26才で、お二人ともまだ独身だったので、トップアイドル二人の共演だったので、ものすごい人気となっていました。

中山美穂 眠れる森

 

その後、2002年に辻仁成氏と結婚、2014年に離婚するまで生活拠点がパリだったこともあり、テレビからはずっと遠ざかっていました。

 

Sponsored Link

 

中山美穂の現在はやはり劣化で老けたのか?

たしかにトップアイドルの時代は、20代後半であり、現在の47才と比べれば「劣化」「老けた」は、年齢を考えれば仕方がないかもしれません。

 

でも、本当に年齢だけが原因でしょうか?

 

中山美穂さんにとって、2014年の離婚後のドラマ出演は『貴族探偵』が初めてではありません。

 

2014年にはNHKの『プラトニック』に、2016年にはWOWOWの『賢者の愛』に出演されています。

こちらが『プラトニック』に出演されていた頃の中山美穂さん。

中山美穂 プラトニック

 

『賢者の愛』では年下の男性とのラブシーンも、ありました。

中山美穂 賢者の愛

 

これら2つのドラマに出演されているころには、今回のような「劣化」「老けた」という評価はあまり聞かれませんでした。

 

いずれも中山美穂さんを主演とするラブストーリーなので、見た目が「おばさん」ではとても務まる役柄ではありません。

 

ではなぜ、『貴族探偵』では「劣化」「老けた」となってしまうのでしょう?

 

Sponsored Link

 

中谷美穂のメイド服が似合っていないだけ?

大きな原因はメイド服にあるのではないでしょうか?

中山美穂 メイド服

 

メイドと言えばここ数年のメイドカフェの影響もあり、若い20前後の女の子の印象が出来上がっています。

 

イギリスの貴族時代での本来のメイドは、主人の屋敷に何十年も仕えるので、高齢のメイドも珍しくありませんでした。

 

『貴族探偵』はそんな本来の「貴族」に仕えるメイドなので、40代後半のメイドでも相応しいのですけど、メイドカフェのメイドのイメージからは「おばさんがなぜ?」となってしまうのかもしれません。

 

『プラトニック』や『賢者の愛』で見せたような、大人の服装で妖艶な女性を演じてこそ本来の中山美穂さんの魅力が引き出せるのでしょうけれども、学芸会的なメイド服ではそれも叶わず、今回の「劣化」「老けた」の評価になっているのではないでしょうか。

 

『貴族探偵』には原作もあるので、あまり大胆なことはできないのかもしれませんが、できればメイドを卒業した大人のドレスをまとった中山美穂さんも見てみたいですね。

 





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。