慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

北朝鮮のミサイルの威力は?避難場所や方法は?自宅にいたらどうする?

北朝鮮

北朝鮮のミサイルの威力は?

政府が北朝鮮からミサイルが打ち込まれたことを想定して、行動マニュアルを発表しました。

北朝鮮 ミサイル

 

内容は非常に簡単で、

 

【屋外にいる場合】
近くの頑丈な建物や地下街に避難する
適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守る

【屋内にいる場合】
できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する

 

爆風から身を守るために窓から遠ざかり、できれば爆発の威力が届きにくい地下へ避難する。ということだと思います。

 

地震の時と逆で、建物が揺れて窓ガラスが割れてビルの上から降ってくるのではなく、爆風で外から中へと、割れたガラスが飛んでくるでしょうから、それを避けるためには窓のない部屋がもっとも安全だ、というわけですね。

 

我々日本人は、第2次世界対戦以降戦争には参加していません。ということは実際に爆弾が落ちたらどうなるかを、体験した人がまわりにはいないことになります。

 

アメリカのように軍人経験者がまわりにいれば、ミサイルが落ちたときに何が起こるかを経験者として説明できるのでしょうけれども。

 

日本政府が出した行動マニュアルをみても、不安感がなくならないのは,はたしてこれでミサイル攻撃に対して身を守ることができるのか、それとも単なる気休め程度にしかならないのか、よくわからないのが原因ではないでしょうか。

 

地震に対してはビルがかなり丈夫であることは、実感としてわかります。ではミサイル攻撃に対しては?

 

やはり、これを考えるためにはミサイルの威力がどれくらいかを知らなければ話は始まらないでしょう。

 

ミサイルの威力としては、もし核弾頭が搭載されていたら、半径5kmが壊滅的な被害で生存者はほぼ絶望的。

 

半径10kmでも放射線による深刻な被害が見込まれています。

 

東京駅を中心に考えると港区・千代田区・中央区や江東区などの主要な都市部が壊滅し、山手線の内側全部が深刻な放射線被害にあう予想となります。

ミサイル 威力 範囲

 

日本の国としての機能はほぼ止まるのではないでしょうか。

 

しかし、もし着弾地点が米軍の厚木基地だった場合は、横浜でも10km圏外であり東京駅までは40kmくらいあるので、国としての機能維持の点では、まだ致命傷には至らないかもしれません。

ミサイル 威力 厚木

 

しかしながら、核の放射線は風向きによっては広範囲に影響を及ぼすので、どこに着弾しても最悪の事態になってしまいます。

 

仮に、北朝鮮からのミサイルが通常爆弾しか搭載していなかったとしたらどうでしょう?、威力としては小規模のビルを吹き飛ばすくらいの威力と言われています。

 

もし着弾地点に近かったとしても、政府の行動マニュアルにあるとおり窓から離れ地下街へ避難できていれば、助かる可能性はかなり高いと考えられます。

 

Sponsored Link

 

ミサイルからの避難場所や方法は?

このように、ミサイルに搭載されているのが、核弾頭なのか通常爆薬なのかによって威力は大きく違ってきます。

 

もしかしたらサリンのような毒ガスや生物兵器の可能性もありえます。

 

今回の政府の行動マニュアルは非常にシンプルなのは、国民の不安を不要に煽らないように簡潔な内容に留めたのではないでしょうか。

 

東京都が2015年に発表した防災マニュアルでは、ゲリラからの攻撃、ミサイル攻撃、生物兵器、核物質から身を守る方法がかかれています。

 

きっとテロを想定して作成したのだとは思いますが、はからずも北朝鮮からのミサイル攻撃にたいするより詳細な行動マニュアルになってますね。

ミサイル 避難

 

今回の政府のマニュアルは、東京都と同様に、核爆発だったらこうしなさい、細菌兵器だったこう、とか詳細に分けて記載することも可能だったのでしょう。

 

しかしそうしてしまうと、本当にそれを搭載したミサイルが飛んでくる可能性が高いんだというメッセージを国民に流すことにもなりますから、簡潔なレベルでとどめたのではないでしょうかね。

 

現実的には、もし仮にミサイルが発射されたら、一次避難として政府の行動指針したがって避難し、近くに着弾した場合は可能であれば着弾地点から離れるように避難するのがいいのではないでしょうか。それもできれば風上方向へ。

 

我々一般人が通常爆弾か、それ以外かを的確に見分けることはできないでしょうから、安易に爆心地へと近づくのはやはり危険だと思います。

 

Sponsored Link

 

北朝鮮からのミサイル、もし自宅にいたら?

都市部にいれば地下街や頑丈なビルも近くにあるかもしれません。

 

でも普通の住宅街の自宅にいた場合は、どこに避難するのが安全なのでしょうか。

 

行動マニュアルにある「できれば窓がない部屋」を基準に考えるのであれば、タンスなどがおいてある納戸や、窓が小さい浴室やトイレということになりますかね。

 

あと車庫がついている家であれば、そこもいいかもしれません。窓もなく、又は小さく、クルマの影に隠れれば何かが飛んできても直接身体に当たる危険は下げられるでしょうから。

 

いずれにしても、実際に避難をしなければならないような事態が起こらないことを祈るばかりです。

北朝鮮 ミサイル 威力

 

早く平和的に北朝鮮問題が解決してくれるといいのですが。

 





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。