慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

道重さゆみはかわいい!復帰後の活動再開ではバラエティー封印?【画像】

道重さゆみ

道重さゆみが復帰!やはりかわいい!

道重さゆみさんが、2年4ヶ月ぶりに芸能活動を再開しました。

 

モー娘。最長の在籍期間4329日(11年10ヶ月)を誇り、最後はリーダーとしてモー娘。を引っ張ってきただけに、当時のあっけない休業宣言に、ファンの間で病気なのではと心配されていました。

道重さゆみ

 

実際、モー娘。時代はストレスから体調を崩すことも多かったようで、激やせしたり、帯状疱疹にかかったりと、かなり苦労はされていたようです。

 

でも、いずれも深刻な病状ではなかったようで、休業をすることですっかり元気になって、芸能界に復帰してきてくれました。

道重さゆみ

 

道重さゆみさんのプロフィールを簡単に振り返ってみると、

 

生年月日:1989年7月13日(27才)
出身:山口県宇部市
血液型:A型
身長:160cm
好きな色:ピンク
好きな食べ物:チョコレート、明太子スパゲティ、ハヤシライス
趣味:シールを集めること
苦手なこと:運動

 

デビューは2002年12月に「LOVEオーディション2002」で1万4千人のなかから亀井絵里さんと田中れいなさんとともに合格し、モー娘。のメンバーとなりました。当時はまだ13才!だったんですね。

道重さゆみ

 

その後はモー娘。一筋に11年10ヶ月もの長期間に渡って活動を続けてきました。まさしくモー娘。全盛期も知っていますし、AKB48など他のグループの台頭で、モー娘。人気に陰りが出てきた時代も知るまさにモー娘。の歴史を語れる道重さゆみさんです。

 

2012年5月にモー娘。8代目リーダーに就任し、2014年11月の休業宣言まで2年半に渡ってリーダーとして、活躍しました。

道重さゆみ

 

リーダーになった頃から、ストレスからか体調管理が思うように行かなくなったようで、激やせしたりして、ファンもかなり心配する状態が続いていましたね。

 

一時は摂食障害がとも噂され、芸能界復帰は難しいのではとまでいわれていましたが、一切そんなことはなく、元気な道重さゆみさんとして、帰ってきてくれました!

 

Sponsored Link

 

道重さゆみの活動再開は歌とダンスから

プロフィールを見てもわかるように、道重さゆみさんは運動が苦手です。どちらかと言えば体育会系ではなく文系女子で、家にいるのが好きなタイプ。

 

よって、モー娘。時代に次々と出される新曲の振り付けや、コンサートでのダンスを覚えるのも、あまり得意とはいえませんでした。

 

また歌も、モー娘。時代の曲の中では「しゃべり」や「せりふ」が多く、メインで曲のサビを歌いあげる場面はほとんどありませんでした。

道重さゆみ

 

でも道重さゆみさんは、そんなあまり得意ではない、歌とダンスで復帰後は勝負していきたいと宣言しています。

 

今回、3月17日からの公演『SAYUMINGLANDOLL~再生~』では、かなり前から練習を重ねて、ソロでの歌と、キレのあるダンスパフォーマンスを見せてくれているようです。

 

もともと、身長が160cmあり、スタイルも抜群なので、ソロでの舞台も見ごたえがありますね。

 

Sponsored Link

 

道重さゆみ復帰後はバラエティ封印か?

もうひとつ、道重さゆみさんが芸能界復帰に向けての、決意として感じられるのが、「バラエティは封印」ということ。

道重さゆみ

 

モー娘。時代はグループとしては積極的にバラエティ番組にも出演されていました。しかし、復帰し活動再開はしますが、バラエティ番組への出演は封印したい意向だとか。

 

道重さゆみさん本人にいわせると、「モー娘。のリーダー道重さゆみだったから、バラエティ番組での需要があったけれども、一人の道重さゆみとしてはそもそも出演依頼が無いと思うので。」と控えめなコメントをされています。

 

でも実際は、復帰後は歌とダンスで勝負したいという思いがあるので、笑いを取るバラエティへの出演は、あまり望んでいないようです。

 

27才になったので、大人の女性・道重さゆみとして芸能活動をしていきたいという意志の表れではないかと思います。

道重さゆみ

 

もともと真面目な性格でもあるので、もしかしたらバラエティ番組への出演はもとから、かなりプレッシャーだったのかもしれませんね。

 

2年4ヶ月ぶりに復帰した道重さゆみさん、歌とサンスだけでなく女優としてドラマにも出演してもらえると、嬉しんですけどね。

 

これからも応援しています!

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。