慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

【貴族探偵】滝藤賢一の激ヤセは演技のため?愛妻家で子供は4人も?

貴族探偵

『貴族探偵』に滝藤賢一さんが運転手・佐藤として出演

ご存知のように『貴族探偵』はフジテレビが「月9」の存続をかけて制作しているドラマ。

 

主演に視聴率の取れるジャニーズ、その中でも一番の嵐、さらに誰からも好かれる相葉雅紀さんを据えるなど、切実に高視聴率を取りに来ているのが、よくわかります。

 

共演者も手抜きがありません。主演級の女優を4人も揃えてきています。

 

武井咲、井川遥、仲間由紀恵、中山美穂

 

いずれも単独でドラマの主演ができてしまいますからね。

 

そんな気合の入った『貴族探偵』の共演者として名前をつられているのが、ここ数年人気が急上昇してきている、滝藤賢一さん。

貴族探偵滝藤賢一

 

滝藤賢一さんのプロフィールを簡単にまとめてみると、

 

生年月日:1976年11月2日
出身地:愛知県名古屋市
血液型:O型
身長:177cm

 

もともとは映画監督を目指されていましたが、映画『バレット・バレエ』のオーディションに合格したのを機会に俳優の道を志されます。

 

1998年~2007年まで仲代達矢さんが主催する無名塾で、舞台を中心に活動されていました。

 

無名塾は在籍中は恋愛禁止で、とにかく演技に打ち込まなければいけません。

 

在籍期間は滝藤賢一さんが22才から31才の間ですから、20代の大半を芝居・演技に捧げてきたといってもいいかもしれません。

滝藤賢一

 

無名塾退塾後から、次第に活動の場をテレビに移し、2009年には『踊る大捜査線』で中国人刑事役を、そして2013年の『半沢直樹』では主人公と同期の銀行員役をやり、一気に知名度をあげました。

滝藤賢一半沢直樹

 

無名塾での影響かもしれませんが、滝藤賢一さんは徹底的に役作りのイメージトレーニングをすることでも有名です。

 

どの作品でも、滝藤賢一さんのやられている役柄には、いつも吸い込まれるように見入ってしまいます。ちょっとでも演技や外見に違和感を覚えたことはないですからね。

 

Sponsored Link

 

『貴族探偵』滝藤賢一の激ヤセは演技のため?

それだけ、その役柄になりきる滝藤賢一さんですが、こだわりはものすごく、役作りのためなら短期間で10kgの減量をしてしまうそうです。

 

まさしく2014年に放送された、『Sー最後の警官』では1話限りのゲスト出演にも関わらず、役が末期のがん患者の役だったので、本当に10kg減量し、頬が痩せこけた状態で出演されていました。

滝藤賢一最後の警察官

 

あと、『半沢直樹』のときも苦悩する銀行員の役柄だったので、疲労感・絶望感を出すためにかなり身体を絞った状態で、出演されていたと思います。

 

海外の俳優だと役作りのために太ったり痩せたりするのは、よく聞きますが、それは彼らは数年に一作品くらいしか出演せず、時間を掛けて調整できるからこそです。

 

滝藤賢一さんのように、短期間でここまで体重コントロールをするは、俳優は日本にはまずいないのではないでしょうかね。

 

Sponsored Link

 

『貴族探偵』滝藤賢一の子供は4人?

そんな過激なまでの身体の管理ができるのも、2009年に結婚した奥様の存在が大きいようです。

 

奥様は栄養管理士をされているそうで、きっと綿密なカロリー計算の元、必要な栄養素を取りつつ、脂質や炭水化物を削ぎ落としての体重コントロールを、影で支えているんでしょうね。

 

滝藤賢一さんは愛妻家としても有名で、自宅で子と妻に囲まれていないとくつろげないんだとか。

滝藤賢一子供

 

華やかな芸能界にいて意外に思いますが、長い下積み時代を支えてくれた感謝の気持ちも大きいのではないでしょうか。

 

滝藤賢一さんと奥様の間には三男一女の4人のお子様がいらっしゃるそうです。

 

長男が2009年生まれ、次男2011年、三男2012年、そして長女が2014年生まれです。

 

7才から2才の4人の子供なんて、かなり賑やかな(騒がしい!?)家庭なんでしょう。

 

滝藤賢一さんは外見からはちょっと神経質そうな感じがしますが、実際は正反対で愛妻家で子煩悩なんですね。

 

『貴族探偵』でも、単なる運転手としての役柄で終わるとは、思えません。きっと他の共演者との隠された秘密や、裏のストーリーがあるのではと思います。

貴族探偵滝藤賢一

 

今回は、そんなに激やせしなくてもよい役柄だとは思いますので、温和な温かみのある滝藤賢一さんの演技も見てみたいですね。

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。