慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

中山美穂の『貴族探偵』でのメイド演技は上手い?原作とはキャラが違う?

貴族探偵

中山美穂が『貴族探偵』でメイド役

フジテレビが「月9」の存続を掛けて仕掛ける4月からのドラマ『貴族探偵』。

 

主演に視聴率が確実に稼げるジャニーズとし、その中でも誰からも好かれる相葉雅紀さんを抜擢するなど、抜かりがありません。

 

さらにそれだけではなく、相葉雅紀さんの周りを固める共演者に、なんと主演級の俳優を4人も揃えてきました。

 

中山美穂、井川遥、武井咲、仲間由紀恵

貴族探偵キャスト

 

これだけの女優を一同に揃えられるのは、NHK大河ドラマくらいかと思っていましたが、今回はフジテレビの気合の入り方が、全く違うようですね。

 

中山美穂さんといえば、1980年代のアイドルで当時は爆発的な人気を誇っていました。

貴族探偵中山美穂

 

ちょっと年上のお父さん世代の青春には、きっと思い出のアイドルではないかと思います。

 

簡単に中山美穂さんのプロフィールをまとめておくと、

 

生年月日:1970年3月1日
出身地:東京都小金井市
血液型:O型
身長:158cm

 

デビューは中学校1年生のときに原宿でスカウトされたのがキッカケです。その後、雑誌のモデルから始め、徐々に活躍の舞台を女優と歌手へと移していきました。

 

歌手としては、1988年から7年連続でNHK紅白歌合戦にも出場する実力派で、1980年代にデビューした女性歌手として100万枚以上のミリオンセラーを2曲以上達成したのは、今井美樹さんと中山美穂さんの二人だけです。

貴族探偵中山美穂

 

女優としても、トレンディードラマをほぼ総なめにするほどの大活躍でした。

 

月9枠のドラマも7作品で主演を務め、うち4作品では主題歌も歌うなどまさしく、中山美穂さんのためのドラマだったといえるかと思います。

 

月9の主演作品数では木村拓哉さんにつぐ主演数の多さ、といえばその人気の度合がよくわかります。

貴族探偵中山美穂

 

そんな中山美穂さんが古巣である「月9」の『貴族探偵』にメイド役として出演されるそうです。

 

いままで恋愛ドラマの主演女優としての出演が多かった中山美穂さんなので、「メイド」という役で、どんなキャラを見せてくれるのか楽しみです。

 

あと、メイドの衣装も密かに期待しています。

 

一般的なメイドでイメージする女性の年齢からすれば、中山美穂さんはちょと年上の女性ですが、美形の顔立ちの中山美穂さんなので、彼女のメイド服もかなり魅力的なのではと想像しています。

 

Sponsored Link

 

中山美穂の『貴族探偵』での演技は上手い?

では実際の『貴族探偵』での中山美穂さんはどんなメイドの演技を披露してくれるのでしょうか?

 

メイドのというと、

「ご主人様~、おかえりなさいませ~。」

 

という、秋葉原系のメイドをちょっとイメージしてしまいましたが、『貴族探偵』のメイドは、全く違っていて、もっとクールで落ち着いた役のようです。

 

なにしろ、主人である貴族探偵の代わりに証拠を集めて推理をして犯人を突き止めてしまうという、頭脳成績で、ある意味冷徹な役柄のようでもあります。

 

中山美穂さんはデビュー当時から、アイドルに似つかわしくなくどんな役柄でも体当たりで演技をする実力派の女優でした。

 

表面的な演技だけではなく、ちょっと憂いを含んだ秘密のベールに包まれたような役柄も大得意で、1998年に木村拓哉さんと共演した『眠れる森の美女』では、15年前の事件の記憶を催眠術で封印された女性という役を見事に演じていました。

中山美穂眠れる森の美女

 

この『眠れる森の美女』は最高視聴率30.8%をマークするなど、驚異的な数字を叩き出しています。

 

その一方で、中山美穂さんの愛称である「ミポリン」のきっかけとなったドラマ『ママは、アイドル!』では、底抜けに明るいキャラクターでも、大ヒットしていました。

中山美穂ママはアイドル

 

なおこの『ママは、アイドル!』はママが中山美穂さんで、娘が後藤久美子という貴重な組み合わせのドラマでした。

 

今回の『貴族探偵』では、一体どちらのキャラで来るのか?それとも新たな「寡黙なメイド」という新たな一面を見せてくれるのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

中山美穂のメイドは原作とはキャラが違う?

この『貴族探偵』は、2010年に発売された麻耶雄嵩氏による同名の小説が原作です。

貴族探偵原作

 

そして続編として2016年に出版された『貴族探偵対女探偵』の両方の作品から、ストーリーが展開していくものと考えられます。

 

原作ではメイドは事件の証拠を集めてトリックを暴き、犯人を追い詰めていく重要な役どころではありますが、非常に控えめなキャラであまり目立ったところがありません。

 

でも、中山美穂さんだけではなく、主演の相葉雅紀さん以外に、主演級の女優を4人も共演者として揃えているので、そんな控えめなキャラ設定で終えてしまうのは、あまりにもったいないと考えられます。

 

やはりテレビドラマ用に、何か別の設定が新たに入れられているのではないかと思います。

 

私が期待するのは、単なるメイドではなく隠された役割や生い立ちがある、ミステリアスな役どころを期待しています。

貴族探偵中山美穂

 

そして、やはりミステリアスな役どころでピタリとハマる「謎の女性」仲間由紀恵さんとの絡みに、隠された何かがあるのではないかと考えています。

 

折角の探偵もののドラマなので、明るいキャラは武井咲さんと相葉雅紀さんにまかせておいて、裏の影のあるドラマの伏線となるストーリーが中山美穂さんと仲間由紀恵さんで作られていくのではないでしょうか?

 

いまからドラマの開始が待ち遠しいです!

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。