慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

トランプが北朝鮮と戦争したら日本は?中国の出方は?武力行使の可能性は?

トランプ

トランプが北朝鮮と戦争?

トランプ大統領が北朝鮮の核の脅威を排除するために、武力行使の検討に入ったとWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)で報道されました。

トランプ大統領

 

オバマ元大統領の時代を含めて、アメリカは東アジアの地域の軍事バランスを保つことに力を注いできました。

 

アメリカは実際の紛争が起きないように、中国を含めて東アジアで突出した軍事力を持つ国が登場しないように、いろいろと牽制をしてきました。

 

しかし、ご存知のように北朝鮮ではミサイルを発射したり、核実験をしたりと軍事的な挑発を続けています。

北朝鮮

 

金正日(キムジョイル)の時代は、そんな軍事的挑発もどちらかといえば、アメリカを含めた関係国から、資金援助や食糧援助を引き出すことが目的でした。

 

しかし、金正恩(キム・ジョンウン)が第3代最高指導者についてから、独裁色を強めて軍事的挑発も、援助を引き出すというより、本当に戦争をしそうな勢いになってきています。

 

ついこないだも金正日の長男であり、金正恩の異母兄弟である金正男(キム・ジョンナム)が暗殺されました。

金正男

 

中国がいままでは、北朝鮮が暴走しないように監視役を担っていたようですが、それも力が弱くなってきたのか、または金正恩がコントロールが効かなくなってきている兆候があるようです。

 

それを踏まえて、トランプ大統領は、北朝鮮に対して武力行使した場合のシミュレーションをはじめました。

 

すぐに武力行使すなわち戦争という状態にはなる可能性は低いとは思いますが、可能性がかなり高くなっていることは間違いないようです。

 

実際、トランプ大統領の高官が、中国の高官に、「北朝鮮とその核開発計画が米国にとっての最大の差し迫った脅威である」と伝えたと報道されています。

 

まずは、トランプ大統領にしてみれば、監視役である中国に対して、北朝鮮をなんとかしろと要求したわけですね。

 

さすがのトランプ大統領にしても、不要な武力行使は避けたいでしょうし、まして経済的な実りのない武力行使は、基本的には避けたいでしょうから。

 

しかし、このまま状況を放置して、北朝鮮が核弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイルを無事に開発し、アメリカが射程距離に入るような事態は、アメリカにしてみれば悪夢でしょう。

 

誰もが心配するように、北朝鮮の政治体制が崩壊するような事態になったら、金正恩が何をしでかすかわかりませんから。

 

Sponsored Link

 

トランプが戦争したら日本は?

では、トランプ大統領が実際に武力行使をし、北朝鮮と戦争状態に入ったとしたら、日本は一体どのような、状況に置かれるのでしょうか?

 

あまり真剣に議論はされていませんが、かなり危険な状態に日本は置かれるのではないでしょうか。

 

北朝鮮から見れば、日本とアメリカは同じ同盟関係にある国ですし、基地を提供しているわけですから、彼らのミサイル攻撃の対象になってしまうかもしれません。

米軍基地

 

否応なしに、日本も臨戦態勢に入るのではないでしょうか。

 

数年前に「集団的自衛権」を承認していますから、部分的にしろ日本も戦争に巻き込まれていくようになるでしょう。

 

我々の普段の生活は、どうなるのでしょうか?

 

さくがにミサイルがバンバン飛んで来るようなことはないでしょうから、通常の日常は続くとは思います。

 

でも、かなり緊張感のある日々ではないでしょうか。もしかしたら、米軍の基地の近くに住む人たちは、怖がって一時的に避難することもあるかもしれません。

 

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ後には、沖縄への中高校生の修学旅行が見合わされたしましたよね。

 

同じようなことがおきるのではないでしょうか。

 

なんとしても、そんな事態は避けたいですけど。

 

Sponsored Link

 

トランプが北朝鮮と戦争したら中国はどう動く?

トランプ大統領が北朝鮮への武力行使を決断するまえに、まずは中国との折衝が激しく行われると考えられます。

中国

 

北朝鮮は中国にしてみれば、地理的な意味合いではアメリカ陣営との緩衝地帯になっています。

 

もし北朝鮮が倒れて韓国に併合されてしまえば、米軍が中国の国境に配備できてしまうので、中国にしてみれば、なんとしてもそんな状態は避けたいと考えられます。

 

仮に北朝鮮がこれ以上政治的に、国としてもたないと、中国も考えたとしても、なんとしても、北朝鮮という緩衝地帯は残すでしょう。

 

現在の指導者である金正恩を排除して、より穏健な中国の言うことをしっかりと聞く指導者を据えるのではないでしょうか。

 

トランプ大統領にしても、事前に中国との打ち合わせ無くして、北朝鮮を武力行使すれば、中国との衝突の可能性もあることは重々承知しているでしょうし。

 

なににしても、先の読めないトランプ大統領なので、暴走しないことを祈るばかりですが。

 





関連記事

コメント

    • ちゃちゃ丸
    • 2017年 4月 12日

    ほんとにそう思います
    九州在住としてはなぜか今週は外に出るのが怖いです
    浅田真央は嫌いではないし引退は寂しいなと思いますがあまりにもニュースや特番でそればかり映すと
    いよいよ政府だけが何か構えてて国民には何も知らせない恐怖を感じます

  1. この記事へのトラックバックはありません。