慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

『A LIFE』乳がん疑惑の患者の女の子は誰?蒔田彩珠(まきたあじゅ)?

A LIFE

『A LIFE』乳がん疑惑の患者の女の子はだれ?

『A LIFE』7話に登場する乳がん疑惑の患者の女の子に、注目してみました。

A LIFE蒔田彩珠

 

ちょっとぶっきらぼうに見えながらも、不安そうな表情を浮かべながら診察を受ける14才の女の子の気持ちを、上手く演技しているんではないでしょうかね。

 

それにしても14才で乳がん疑惑の患者とは、脚本家もよくそんな設定を思いついたものだと感心します。

 

小林麻央さんのことがあるので、乳がんについての映像を届けることで、女性に乳がんの検診に行ってもらうように、啓蒙活動の意味もあるんでしょうか。

 

普通は30歳代以降が乳がんにかかる可能性があり、10代というのは非常に稀です。まして14歳というと過去の症例からはないかもしれません。

 

よって、乳腺科の医師・児島役の財前直見さんと、乳がんの可能性を疑う沖田先生(木村拓哉)がやりあう場面があります。

 

本当に乳がんだったかどうかは、第7話をみないとわかりません。現実を無視して14才の乳がん患者の設定なのか?

 

それとも、現実に沿って乳がんではなかったけれども、この患者の話をもとに別のストーリーが展開していくのか。

 

いずれにしても、女子中高生が「もしかして自分も乳がんかも」といらぬ心配をしないですむ設定だといいんですけど。

 

Sponsored Link

 

蒔田彩珠(まきたあじゅ)がかわいい

さてこの乳がん疑惑の患者の女の子は、蒔田彩珠(まきたあじゅ)さんという14才の子役でした。

蒔田彩珠

 

蒔田彩珠さんのプロフィールは、

 

生年月日:2002年8月7日(14才)
出身地:神奈川県
身長:156CM
所属事務所:ユマニテ
趣味:愛犬と遊ぶこと
特技:ヒップホップダンス、歌、短距離走

 

蒔田彩珠さんのデビューは7才です。メジャー会社制作ではありませんが、7才のときに映画の病院の少女役をやられています。

 

その後も何本もの映画にも子役として出演し、同時にcmにも数多く出演されています。

 

2013年のCM、NTTdocomo「ドコモ田家 学生家族いっしょ割篇」で「ショウガクドコモダケ」役をやられていたのも蒔田彩珠さんです。

蒔田彩珠

 

まだ3~4年前ですけど、このころはまだ蒔田彩珠さんも、ほんと子供のままですね。

 

『A LIFE』ではすっかりティーンエイジャーに成長してますよね。

 

Sponsored Link

 

蒔田彩珠は他のドラマにもでていた?

多分、蒔田彩珠さんが知名度をあげてきたのは、2012年の阿部寛主演の『ゴーイングマイホーム』で阿部寛さんの娘役で出演した時が、最初ではないでしょうか。

蒔田彩珠

 

このときはまだ10歳でしたが是枝裕和監督から演技を高く評価されたそうです。

 

あと蒔田彩珠さんが出演された主なドラマというと、

 

2013年放送のフジテレビ『ちびまる子ちゃん』で さくらさきこ 役をやられています。さくらさきこはちびまる子ちゃんのお姉さんですね。

蒔田彩珠

 

あと最近では2016年の『とと姉ちゃん』でも水田たまき役として出演されていました。

 

きっとこれからもどんどんドラマに出演される機会も増えてくると思います。

 

まだ14歳ですが、歌もヒップホップダンスも得意とのことなので、女優以外にもミュージカルや、もしかしたら歌手としてデビューなんてこともあるかもしれませんよね。

 

注目の蒔田彩珠さんをまとめてみました!

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。