慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

東京タラレバ娘に速水もこみちが登場!ネタバレとあらすじ。破局か熱愛か?

東京タラレバ娘

『東京タラレバ娘』に速水もこみちが参戦!

2月15日放送される『東京タラレバ娘』に速水もこみちさんが登場することが、予告編で明らかになりました。

東京タラレバ娘速水もこみち

 

こちらがその予告編、

 

役柄は、イケメンバーテンダー奥田。

 

確かに長身でイケメン。金髪モデル・KEY(坂口健太郎)にも負けていません。

 

当然、倫子(吉高由里子)は大盛り上がり、

東京タラレバ娘吉高由里子

 

「理想の王子様が来た~~」

 

そして奥田(速水もこみち)も、予告編の最後で、

東京タラレバ娘吉高由里子

 

「好きです、俺と付き合ってくれませんか?」

 

と告白。ということは、熱愛へ?

 

Sponsored Link

 

速水もこみちとは熱愛?

予告編では、ちらっとしか見れませんでしたが、倫子(吉高由里子)と奥田(速水もこみち)がデートしている場面も流れていました。

東京タラレバ娘吉高由里子

 

小雪(大島優子)や香(榮倉奈々)にも、

 

「応援するよ」
「我々二人のシカバネを乗り越えてゆけ!」

 

としっかりと応援されていました。

 

長身、イケメン、独身の奥田(速水もこみち)に告白されてアラサー倫子(吉高由里子)が舞い上がらないはずはありません。

 

熱愛状態へと突入していきます!

 

で、でも、このまま順調に交際が進んでハッピーエンドになってしまう、『東京タラレバ娘』ではありません。

 

何話くらい速水もこみちさんが登場するのかはわかりませんが、もしかしたらこの15日放送の第5話だけかもしれません。

 

Sponsored Link

 

『東京タラレバ娘』第5話ネタバレ・あらすじ

ここからさきは、ネタバレの可能性があるので、注意してください。

 

ご存知のように、『東京タラレバ娘』の原作は300万部近い販売部数を誇る大ヒット漫画。

東京タラレバ娘

 

原作にもイケメンバーテンダー奥田の設定はあり、予告編と同様に倫子と相思相愛の間柄にはなります。

 

しかし、原作の設定では、いずれ破局が訪れる事になっています。

 

実写版のドラマと原作ではストーリ展開が違うかもしれませんが、もし原作に沿った話の展開になるのであれば、倫子は自ら別れを奥田に切り出してしまいます。

 

原因は、奥田の「映画好き」

 

奥田(速水もこみち)が映画が大好きで、その映画の女優の髪型に変えるように倫子(吉高由里子)に言ってみたり、二人でいるときには毎晩映画を見ようと提案してみたり。

 

そうなんです。倫子(吉高由里子)は疲れて、耐えられなくなってしまうんですね。

 

頭ではこんないい人はめったにいないと思いながらも、自分の趣味と合わないことを彼氏のためにやることからの「違和感」が大きくなってしまいます。

 

まさしくこれが、アラサー女性の結婚を遠ざけている原因の一つ。

 

「20代のように盛り上がれない、冷静になってしまう」

 

わかってはいても、奥田といるより小雪や香とワイワイ呑んで食べていたいほうに気持ちが大きく傾いていきます。

 

そして、

 

「あなたといると、疲れてしまう。」

 

と別れを告げます。

東京タラレバ娘吉高由里子

 

男性としては、こういわれてしまうと返す言葉がないですよね。

 

『東京タラレバ娘』としては、これで再び小雪と香のもとに倫子が帰って、第6話につながっていくという設定なのではと、思われます。

 

だんだん、倫子(吉高由里子)が切なくなってきましたね。

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。