慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

トランプ入国禁止令、日本への影響は?JAL・ANAも搭乗拒否?旅行は?

トランプ大統領

トランプが7カ国からの入国を禁止

(3月6日アップデート:

トランプ大統領は、3月5日に入国制限に関する新大統領令に署名しました。これにより以前の7カ国からイラクが外れて、6カ国となりました。

 

また、すでに発給されたビザは有効とであると明記されたので、すでに米国で居住している人や働いている人は問題なく入出国できることなります。

 

よって空港での混乱はほぼないのではと見られています。)

 

トランプ大統領が1月27日に、「イスラム過激派テロリストを米国に立ち入らせない」ための大統領令に署名しました。

 

これが即日に施行されて、空港ではかなりの混乱を招いているようです。

トランプ入国禁止

 

まずこの大統領令が指定した7カ国とは、

 

イラク、シリア、イラン、スーダン、リビア、ソマリア、イエメン

 

これら中東・アフリカの7カ国の人々の入国を90日間停止するもの。

 

難民指定をすでに受けている人についても120日間受け入れを停止するとしている。

 

これらの国の国籍を持つ人であっても、すでに合法的に労働ビザを取得して、アメリカで働いている人も、たまたま自分の国に帰っていて、再びアメリカに入国しようとすると、「入国拒否」となってしまうのです。

 

なかには、家族がアメリカ国内で生活している人も多いでしょうから、家族とも会えずに、もしその家族がアメリカを一度出国してしまうと、その家族も再びアメリカに入国できないということになってしまいます。

トランプ入国禁止

 

もともと、アメリカは移民国家であり、長年に渡ってこれら7カ国を含む多くの国から労働力を受け入れてきました。

 

それを突然、個人個人の背景を一切無視して、7カ国の国籍があった場合は、一律に入国禁止としたので、テロリストと一切無縁の真面目なビジネスマンも、その影響を被っています。

 

基本的には入国禁止となるのは、労働ビザでアメリカ滞在を許可されている人で、すでにグリーンカード(永住権)を取得しているこれら7カ国の人は影響を受けないとされています。

 

しかし、 プリーバス首席補佐官は、税関や国境管理当局には中東・アフリカ7カ国を行き来する怪しい渡航者を捜査する権利があるとも語り、もしかしたら入国の際にグリーンカードを剥奪されるかもしれないということで、さらに混乱に拍車をかけています。

 

Sponsored Link

 

日本への影響は?ダルビッシュやサヘル・ローズも?

これら7カ国は、中東・アフリカの国々なので、日本への影響は一切ないのでしょうか?

 

必ずしもそうとはいい切れません。

 

たとえば、日本人でアメリカ在住でこれら7カ国とビジネスをしているような人であれば、渡航歴によっては、アメリカへの入国を拒否され、ビザを取り上げられてしまう可能性もあります。

トランプ入国禁止ダルビシュへの影響は

 

また、現在大リーグのテキサス・レンジャースで活躍しているダルビッシュ投手の父親はイラン国籍なので、自分の息子の活躍をアメリカに見に来ることができません。

 

もしかしたら、ダルビッシュ投手もすでにイランの国籍を放棄しているとはいえ、国境管理当局の判断次第では、入国の際になんらかのトラブルに見舞われる可能性もあります。

 

ほかのタレントや芸能人では、イラン出身のサヘル・ローズさんも、撮影でハワイへ行くこともできないかもしれません。

トランプ入国禁止サヘル・ローズへの影響は

 

あと、日本の航空会社であるANA,JALも米国行きの便へのこれら7カ国の人の搭乗の拒否を決定しました。

 

たとえ外交官ビザであっても、米国に問い合わせて事前許可が取れない限り搭乗させない方針です。

 

これにより、フライトの遅延が発生するかもしれません。

 

Sponsored Link

 

トランプの入国禁止令、日本人の旅行は?

現在のところ、日本人の米国への旅行への影響は出ていません。

トランプ入国禁止日本人への影響は

 

今まで通り、日本人は米国への観光での入国については、ビザの事前取得の必要はありません。

 

ただ、いくら日本人であっても、指定された7カ国への渡航歴があると、もしかしたらアメリカへの入国の際に、問題となる可能性もあります。

 

そんな事例が出てくるようだと、JAL/ANAも日本人であっても事前にパスポートの渡航歴をチェックするようになるかもしれません。

 

いろいろなところで、影響が出始めているトランプ大統領の「入国禁止」の大統領令ですが、今後の展開は注意してみていかないといけないようですね。

 

早く混乱が収まってくれればいいのですが。

 

http://middlecrest.net/2017/02/01/trump_kiseikanwa/

トランプ大統領が出した、「規制緩和」に大統領令についてはこちら

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。