慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

江角マキコの子供は学校を転校?現在はインターナショナルスクールに?

江角マキコ

江角マキコの引退の真相は?

突然のニュースでしたが、江角マキコさんが引退を発表されました。

江角マキコ

 

ネット上では、「引退せざるおえない何か事情があるのでは?」と裏を探る報道が続いています。

 

江角マキコさんといえば、1998年から放送され2003年まで3シリーズ制作された、人気ドラマ『ショムニ』が有名。

 

(2013年にシリーズ4も制作されましたが、10年のブランクのせいか、あまり話題になりませんでしたね。)

 

この時の庶務二課の坪井千夏役の印象が強く、その後の役者としての幅を狭めたともいわれています。

江角マキコ

 

坪井千夏は歯にころもを着せぬ単刀直入にものをいう、勝ち気な性格のOL。

 

くしくも、江角マキコさんの実際のキャラも坪井千夏に近かったようで、なおさらだったのかもしれません。

 

余談ですが、ショムニでのチョイ役の警備員、いつも坪井千夏にバカにされながらも励まされる役でしたが、なんとあの沢村一樹さんだったんですよ。

ショムニ神谷真太郎

 

10年経つと俳優の世界も様変わりです。

 

さて、江角マキコさんの引退の真相は?といわれていますが、私は江角マキコさんが理由としてあげていた、

 

「子どもたちのために、今私にしかできないことを選択し専念する時期だと考え…」

 

多分、これが本音だと思います。

 

江角マキコさんの長女は2005年1月生まれ、そして長男が2009年11月生まれ。現在12才と7才ですから、多感な時期ではありますからね。

 

Sponsored Link

 

江角マキコの子供は学校を転校していた

江角マキコさんの長女は、青山学院初等部に入学し、長男は青山学院初等部を受験しましたが、残念ながら合格できずに、都内のインターナショナルスクールに入学しました。

江角マキコ

 

青山学院というと芸能人の子息も多く通う名門ですが、いじめ問題でここ数年話題を振りまいていました。

 

2012年に発覚した中等部でのいじめ問題では、主犯格の女生徒が誰もが知っている大女優の娘ということで、大きく話題になりました。

 

江角マキコさんの場合は、彼女の子どもではなく、江角マキコさん自身が他の父兄からイジメにあっていたといわれています。

 

有名私立であればママ友のつながりも強力で、仲間意識も相当なもの。

 

そんななかで、江角マキコさんの歯にころもを着せぬ正直な発言が、他の父兄から反感を買っていたようです。

 

当然、親へのイジメはいつしか子供へのイジメへとつながる可能性も高いので、江角マキコさんは娘を、長男が通うインターナショナルスクールへと転校させました。

 

インターナショナルスクールでは、外国人の比率も高く江角マキコさんが有名女優だとしらない父兄が大半です。

 

しかし、日本人の父兄も3分の1から半数はいるので、不要なママ友との過度の接触は避けられいるようです。

 

有名人になると、芸能界以外での付き合いが難しそうですね。

Sponsored Link

 

インターナショナルスクールとは?

よく芸能人の子供や、帰国子女が通うインターナショナルスクールですが、実際はどんなところなんでしょうか?

インターナショナルスクール イメージ

 

卒業生の声を聞くと、行ってよかったという声が大半で、高額な学費で普通の家庭では無理ですが、機会があれば通わせたいと考えている親も多いといわれています。

 

インターナショナルスクールの、本来の目的は日本にいる外国人の子息の教育をするための学校です。

インターナショナルスクールも、細かく分けると、

 

アメリカンスクール(ASIJ:The American School in Japanが代表的):米国の教育カリキュラムで授業をすすめる

 

ブリティッシュスクール(The British School in Tokyoが代表的) :イギリスの教育制度に沿って教える

 

インターナショナルスクール(The Nishimachi School in Japanが代表的):独自のカリキュラムで、日本語教育にも重点をおく

 

等々、様々は種類の学校があります。

 

これらは、日本の文科省の基準に沿った内容を行う学校ではないので、(そもそも全部英語ですから)、日本にいる日本人の子供が通おうとすると、地元の教育委員会から、

 

「日本の義務教育を受けさせなさい」

 

と指導が両親のもとに届きます。

 

もし正当な理由があれば、大丈夫です。たとえば

 

「アメリカで生まれたので、米国籍を持っている」
「父親(又は母親)が日本人ではなく外国人であり、将来的に外国に住む予定である」

などなど。

 

芸能人の子供のように両親とも日本人で子供も日本人であれば、本来はなかなか通わせるのが難しいインターナショナルスクールなんです。

 

でも、江角マキコさんのように親が有名人であれば、うるさい外野の声が聞こえてこないインターに子供を行かせるのは、いい選択かもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。