慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

大谷亮平と倉科カナの仲は?『奪い愛冬』で竹野内豊から略奪?【画像】

奪い愛冬

大谷亮平と倉科カナの仲は?

テレビ朝日で1月20日より放送の『奪い愛、冬』が早くも話題になっています。

奪い愛冬

 

このドラマの副題は、

 

「この愛、激しすぎて止まらない
金曜の夜のドロキュン劇場」

 

ということで、

「“奪い合う”恋愛=“奪い愛”をスピーディー&スリリングに描写する、
ドロドロしてるけどキュンとするノンストップの恋愛ドラマ。」

 

に仕上がっているそうです。

 

主演は、倉科カナさん。1987年12月23日生まれなので、今年30才になりますね。

 

今まさに大人の女優として美貌とセクシーさが最高潮ではないでしょうか。

 

そんな倉科カナさんを主演に迎えて、ドロキュン劇場のストーリーを演出するのは、濃厚な男女の泥沼愛憎劇だった『不機嫌な果実』を手掛けたスタッフ。

 

そこに鈴木おさむさんが脚本家として加わって視聴者の予想を超えていくドラマに仕上がっているようです。

 

『奪い愛、冬』での主なキャストをまとめると、

 

奪い愛冬倉科カナ

池内 光(倉科 カナ)

デザイン会社で働く女性。正義感が強く、先が読めてデキる女。実家は小さな定食屋さんを営んでいる。父親は幼い頃に病死し、母親に女手ひとつで育てられた。同じ会社で付き合っている、同い年だが後輩の男性・奥川康太にプロポーズされ、婚約することに。仕事場では康太にも厳しく接するが、プライベートでは結婚を目前にウキウキした日々を送る。ところがある日、かつて死ぬほど愛したにもかかわらず、突然姿を消してしまった元彼と再会。自制しようとする気持ちとは裏腹に、今では妻帯者である元彼への愛が再燃し、彼を求め始めていく…。

(番組HPより)

 

奪い愛冬三浦翔平

奥川 康太(三浦 翔平)
 池内光の婚約者。光と同じデザイン会社に勤務。料理研究家の母親に溺愛されている。裕福な家庭で大事に育てられてきたからか、優柔不断の癒し系。その反面、ここぞという時には意志の強さも発揮する。現在の会社にも、デザインをやりたい気持ちを抑えられず、母親のコネで就職した会社を辞めて自力で転職した。光との婚約の意志も、母親の猛反対に遭っても決して揺るがない。だが、光の心は元彼へと吸い寄せられていくことに。光の心が離れるに従い、彼女への愛と嫉妬心が強まり、どんどん“嫌な自分”になっていく…。

(番組HPより)

 

奪い愛冬大谷亮平

森山 信(大谷 亮平)
 池内光の元彼。旧姓・尾田。かつては光の上司であり、結婚を意識した恋人でもあった。だが突然、ある事情から一方的に別れを告げ、光の前から姿を消した…。現在は、幼馴染の森山蘭と結婚しており、別のデザイン会社に勤務。その有能な働きぶりから高い評価を得ている。福岡勤務だったが、ある日、3カ月限定で東京勤務になる。そこで、どんな運命のいたずらか、光と再会し…!?

(番組HPより)

 

奪い愛冬水野美紀

森山 蘭(水野 美紀)
 森山信の妻。小さい頃からずっと信のことが好きだった。信が夫となった現在も、彼のことを激しく愛しており、東京勤務にも同伴する。そんな中、信と光が再び接触しだしたことに勘づき、猛烈に嫉妬の炎を燃やしていくことに…。過去に、ある事件に巻き込まれて以来、右足が動かない。

(番組HPより)

 

ドロドロの愛憎劇場の要素満載のキャストですね。

 

Sponsored Link

 

大谷亮平は竹野内豊と似ている!

『奪い愛、冬』の森山信役の大谷亮平さんは、竹野内豊さんによく似ています。

 

お二人のプロフィールを比べてみると、

 

大谷亮平

大谷亮平:
生年月日:1980年10月1日(36才)
出身:大阪府
身長:180cm

 

もともと日本でデビューしましたが、2003年に韓国で出演したダンキンドーナッツにCMが好評で、それ以降、活動の拠点を韓国へと移していました。

 

2016年から日本での活動を再開して、『逃げ恥』でレギュラー出演して、一気に知名度が全国区となってます。

 

竹野内豊

竹野内豊:
生年月日:1971年1月1日(46才)
出身:東京都
身長:179cm

 

もう説明がいらないくらい有名ですよね。

 

私は2001年の映画『冷静と情熱のあいだ』で篠原涼子さんと共演したときからの大ファンです。

 

年齢は10才も違いますが、本当に大谷亮平さんと竹野内豊さんは似ています。

 

共に180cm位の身長に、引き締まった身体なので、まさしくお二人ともイケメン俳優!

 

Sponsored Link

 

大谷亮平は『奪い愛、冬』のようにドロキュン劇場となるか?

倉科カナさんと竹野内豊さんの熱愛は、2012年4月に放送された

 

『もう一度君に、プロポーズ』

 

での共演がキッカケです。

倉科カナ竹野内豊

 

2016年に年初に「破局か?」との報道が流れましたが、真偽の程はわかっていません。

 

結婚に向けてのカモフラージュともいわれています。

 

倉科カナさんにとっては、竹野内豊さんのような男性が好みなのは、間違いないところ。

 

であれば、交際が続いていようと破局していようと、竹野内豊さんにとっても似ている大谷亮平さんと連ドラで共演すれば、少なからず心が揺れてしまうのではないでしょうか。

 

まして『奪い愛、冬』の設定では、池内光(倉科カナ)が死ぬほど愛した元カレ森山信(大谷亮平)なんですから。

 

キスシーンやもしかしたらそれ以上の場面も登場するかもしれません。放送は金曜日の夜11時15分から深夜枠ですからね。

 

だとすれば、倉科カナさんが大谷亮平さんに好意を寄せるようになる可能性もかなり高いのではないでしょうかね。

 

倉科カナさんも今年で30才。

倉科カナ

 

もし竹野内豊さんが結婚に前向きでないとしたら、節目の年齢を前に大谷亮平さんに乗り換えるなんてこともあるかも?

大谷亮平

 

大谷亮平さんもまだ独身なので、全く問題はありません。

 

もし大谷亮平さんに現在彼女がいたとしたら、それこそ『奪い愛、冬』を現実にした略奪愛!なんてことになるかも(?)しれませね。

 

そんな妄想を掻き立ててくれる『奪い愛、冬』。一話たりとも見逃せそうにありません!

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。