慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

NZの地下洞窟の碧い星空はホタル?ワイトモ洞窟の場所やアクセスは?

ワイトモ洞窟

ニュージーランドの地下洞窟にあおい星空?

『世界ふしぎ発見』でなんと碧く輝く星空が見れる地下洞窟が取り上げられます。

ワイトモ洞窟

 

こちらがその画像です。

 

きれいですね!本当に星空のようです。

 

でもここは本当に地下にある洞窟なんです。

 

ニュージーランドの北島にあるワイトモ洞窟(Waitomo Caves)という、石灰岩でできた洞窟、すなわち鍾乳洞ですね。

ワイトモ洞窟ツアー

 

約2000万年~3000万年前にできたと考えられていて、発見されたのは1900年ころとかなり古く、100年以上ニュージーランドの観光名所として楽しまれてきました。

 

よく写真で見られる小型ボートに乗っていく地下洞窟巡りが一般的ですが、タイヤチュウブを浮き輪代わりに泳いで移動するツアーや、細くて急はところもある地下洞窟を自ら歩いて行く、サバイバルモードのツアーもあるそうです。

ワイトモ洞窟ツアー

 

いずれのしても、ほぼ真っ暗な中を進むことになります。もちろんそれは碧い星空を満喫するためなんですけどね。

 

Sponsored Link

 

地下洞窟の星空はホタル?

でもこのワイトモ洞窟の天井はなぜ、星空のように碧く輝いているのでしょうか?

 

決して天井に穴が空いていて陽の光がさしているとか、夜空が隙間から見えるとかそんなオチではありません。

 

碧い光の答えはホタルなんですね。

 

性格にはツチボタル(土ボタル)という名前の昆虫が出す光で、天井が碧く輝いて見えるんですね。

ツチボタル

 

このツチボタルは名前にホタルがついていますが、ホタル科の昆虫ではなくハエ科に分類されている昆虫です。

 

本家のホタルだと5月から6月にかけて孵化して幼虫になるので、この時期しかホタルの光を見ることはできません。

 

でもツチボタルはハエの幼虫なので、産卵の時期が1年を通じていつもなので、幼虫も通年でいるので、どの時期に行ってもツチボタルの碧い光を見ることができます。

 

日本人だと、ホタル=5~6月というイメージになってしまいますが、ワイトモ地下洞窟の碧い星空は通年で楽しめます。

 

ツチボタルという名前が誤解の原因なんでしょう。英語名はGlow Warm まさしく「光る虫」です。

 

ちなみにホタルの英語名はFire Fly 「火のハエ」?? なんか英語と日本語だとこんがらがりそうですね。

 

Sponsored Link

 

ワイトモ地下洞窟の場所とアクセスは?

ワイトモ洞窟の場所は、ニュージーランド北島の真ん中あたり。

ワイトモ洞窟

 

もっとも簡単なのは、オークランドからの日帰りツアーへの参加。

 

所要時間約12時間ですが、ワイトモ洞窟だけでなく、『ロード・オブ・ザ・リング』の撮影地も一緒に見に行くことができます。

 

もっとのんびりと見たい場合は、オークランドからウェリントンに行く長距離バスがあるので、ワイトモはその中間点なので途中下車で立ち寄るのがいいでしょ。

 

このツチボタルはもちろん日本には生息していませんし、ホタル科ではないのホタル以上の光を放つので、世界8大不思議ともいわれているそうです。

 

ニュージランドの行ったときには是非訪れたい観光場所ですね。

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。