慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

岡本玲はデスノートに性格の悪さが?結婚願望はあるけど熱愛彼氏はいる?

岡本玲

岡本玲のデスノートとは?

岡本玲さんが日本テレビの『今夜くらべてみました』に11月29日に出演されます。

岡本玲

 

番組内で岡本玲さんが高校生の時からつけている「デスノート」について語るようですね。

 

デスノートは、もともとは『週刊少年ジャンプ』に2003年から2006年に掲載された『DEATH NOTE』という漫画のことです。

 

そのなかで、名前を書いた人間を亡き者にできるという死神のノートとして「デスノート」が出てきます。

 

なんか昔の呪いのワラ人形のようですが、さすがに岡本玲さんのデスノートは、そんな呪いのノートではなく、日常の腹がたったこととかを書いた日記のようですが。

 

でも女の子の場合は、特にアイドルの場合は、可愛い内容の日記やブログが多いので、あえてデスノートと呼ぶような日記を公開するのはかなり珍しいのではないでしょうか。

 

さらにその内容はかなり過激なようで、出演者が恐怖に震えるなんて場面もあるようです。

 

Sponsored Link

 

岡本玲は性格が悪い?

岡本玲さんは1991年6月18日生まれの現在25才。

 

デビューは2003年に雑誌『ニコル』の専属モデルオーディションでグランプリを獲得したのがきっかけです。

岡本玲

 

当時はまだ12才で、デスノートのイメージとは全く逆でホントにかわいい女の子という印象でした。

 

実際、2008年に『ニコラ』を卒業するまで、5年連続人気投票1位を獲得して、表紙登場回数歴代1位の記録も持っています。

 

卒業後はドラマや映画にも度々出演されてはいますが、単発か脇役での出演が多かったように思います。

 

レギュラーで岡本玲さんが出られていた最近の作品は、テレビ朝日のドラマ『はじめまして、愛しています』で介護士の新井役ですかね。

岡本玲

 

老人ホームの介護師役でしたが、入居女性の息子役の速水もこみちさんと恋に落ちて、あまり祝福されない妊娠をするなど、ストーリーの中ではちょっと影のある女性役でしたね。

 

実際の性格は、どうなんでしょうか。

 

アンチAKBであることは峯岸みなみさんに以前暴露されていましたね。

 

岡本玲さんは番組での共演で峯岸みなみさんとは仲良しになりましたが、AKB48というアイドル路線まっしぐらのタレントグループは、あまり好きではないようです。

 

岡本玲さんもアイドル路線でずっと来ていましたが、本当はそんなキャラ設定が嫌だったのかもしれません。

 

岡本玲さんは自分は「負けず嫌いで頑固である」な性格で、「完璧主義なところ」が長所でもありまた短所でもある、と自己分析されています。

 

きっと仕事に対しても真剣で、「かわいいから、ちょっとくらいは許されるだろう」なんて甘い考えは一切持っていないのでしょう。

 

そんな「完璧主義」の岡本玲さんなので、周りにいるアイドルタレントたちの仕事ぶりに、腹が立つ場面も多いのかもしれません。

 

そのイライラのはけ口が、「デスノート」といわれる、日記に綴られているんでしょうか。

 

Sponsored Link

 

岡本玲は結婚願望がある?

岡本玲さんは、以前ある番組で結婚願望について聞かれたときに、

 

「早くしたい!恋愛も結婚も、女優としてのいい経験になると思うので、早く家庭を持ちたい。」

 

とコメントされていました。

 

自分の幸せというよりも、自分の仕事である女優の為に役立つので、早く結婚したいという気持ちがでているコメントのように思います。

 

やはり、「負けず嫌いで、完璧主義」はここにも感じられますね。

 

岡本玲の熱愛彼氏は?

そんな、ちょっと一般的な女性とは目線が違う結婚感を持った、岡本玲さんなので、現在のところ、熱愛中の彼氏はいないようですね。

 

以前に小池徹平さんやHey!Say!JUMPの有岡大貴さんの噂が出ましたが、単に番組での共演というだけで、実際の交際には発展していなかったようですね。

 

普通に考えると岡本玲さんの希望に合うような男性は、若手タレントではあまりいないのではないでしょうか。

 

彼女ほど自分をしっかりと持っている女性だと、同年代の男性ではちょっと荷が重いので、年の離れた男性が合うのかもしれません。

岡本玲速水もこみち

 

それこそ、『はじめまして、愛しています』で共演された速水もこみちさんなんか、几帳面そうなので、岡本玲さんとピッタリなんじゃないかと思いますけどね。

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。