慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

大黒摩季2017ライブ日程とチケットの先行販売情報!病気と介護から復活?

大黒摩季

大黒摩季2017ライブの日程とチケット先行販売情報

2010年11月から活動休止中だった、大黒摩季さんが完全復活し活動を再開!

大黒摩季

 

2017年には大黒摩季さんはライブイベントで全国を駆け巡ります。ファンにとってはついに待ちわびた日がやってきます!

 

現在公表されているライブイベントの日程と、先行販売の予定は次のようになっています。

 

6年ぶりのライブなので、早めにチケットをゲットしないと、売り切れ必至ですね。

 

ライブのタイトルは

『Maki Oguro 2017 Live STEP』
『~Higher↑↑Higher↑↑中年よ熱くなれ!Greatest Hits+~』

 

場所と日程は

2月25日(土):埼玉県羽生市産業文化ホール 17:00~ (一般販売12月17日~)

3月4日(土):栃木県栃木文化会館 17:00~ (一般12月17日~)

3月5日(日):栃木県栃木文化会館 17:00~ (一般12月17日~)

3月11日(土):愛知県安城市民会館 17:00~ (一般12月17日~)

3月12日(日):兵庫県加古川市民会館 17:00~ (一般12月17日~)

3月20日(祝月):千葉県多古町コミュニティプラザ 16:30~ (一般12月24日~)

4月15日(土):山形県やまぎんホール 17:00~ (一般販売12月24日~)

 

これら7の会場でのライブに関しては、一般販売に先立ってプレイガイドでの先行販売が決定しています。

 

【プレイガイド先行販売】
受付期間:2016年11月7日(月)13:00~11月14日(月)23:59

チケット・受付方法に関するお問い合わせ先は、
ローソンチケットインフォメーション
TEL:0570-000-777 (10:00~20:00)

 

一般販売の1ヶ月以上も前ですし、開始まであまり告知期間が長くないので、売り切れ必至の大黒摩季さんのライブチケットを、確実に手にするにはまたとないチャンスかもしれません。

 

それ以降のライブ日程は、

 

4月22日(土):静岡県磐田市民文化会館 17:00~ (一般1月28日~)

4月23日(日):岐阜県バロー文化ホール 17:00~ (一般1月27日~)

4月29日(土):山梨県コラニー文化ホール 17:00~ (一般1月27日~)

 

上記の3公演については

プレイガイド最速先行 受付期間 : 2016年12月12日(月)13:00~12月19日(月)23:59

 

5月7日(日):千葉県文化会館 17:00~ (一般3月11日~)

5月14日(日):神奈川県ハーモニーホール座間 16:30~ (一般3月11日~)

 

上記の2公演については

プレイガイド最速先行 受付期間 : 2017年1月16日(月)13:00~1月23日(月)23:59

 

6月2日(金):東京都かつしかシンフォニーヒルズ 18:00~ (一般4月8日~)

6月3日(土):埼玉県狭山市民会館 17:00~ (一般3月11日~)

6月17日(土):広島県三原市芸術文化センター 16:30~ (一般3月12日~)

6月18日(日):兵庫県丹波田園交響ホール 16:30~ (一般4月8日~)

6月24日(土):群馬県伊勢崎市文化会館 17:00~ (一般4月8日~)

 

上記の5公演については

プレイガイド最速先行 受付期間 : 2017年2月13日(月)13:00~2月20日(月)23:59

 

Sponsored Link

 

大黒摩季の病気とは

大黒摩季さんは1969年生まれのシンガーソングライター。

大黒摩季

 

デビューは1989年で、2ndシングル「DA・KA・RA」がミリオンヒットを記録し、その年の日本レコード大賞新人賞を受賞しています。

 

大黒摩季さんはこのころから、子宮疾患になっていました。

 

また2003年に同い年の33才の会社員の方と結婚しています。そしてこの旦那様との間に子供が欲しかったため、不妊治療もしていました。

 

活動休止する2010年までには、子宮腺筋症だけでなく、左卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮筋腫など複数の子宮疾患を発症し、子宮全摘出の危険性もあったため、活動を休止して治療に専念せざる終えなくなりました。

 

そのかいあって、病気治療は完了したようで、再びステージにたてるまでに回復されました。

 

また子宮も無事に摘出しないで済んだために、復活した現在も不妊治療も継続していくそうです。

 

ということは、もし子供が授かった場合は、ライブがキャンセルになる可能性もあるかもしれません。

 

おめでたい話ではありますが、大黒摩季さんのステージを確実に見るには、早めにライブへ行ったほうがいいかもしれません。

 

Sponsored Link

 

大黒摩季は母親の介護も

活動休止中の大黒摩季さんは、不妊治療そして子宮疾患も患っていましたが、同時に母親の介護にも忙殺されていたようですね。

 

大黒摩季さんはご両親は、パン屋札幌木村屋を経営され、学校に給食用のパンなどを手広く卸していたそうです。

 

大黒摩季さんが小さい頃は、お家にお手伝いさんがいるお嬢様だったんですね。

 

それが、2000年3月に社長であった父親が他界したことから、母親もより多忙となり結局脳出血を発症して、身体に麻痺が残ってしまいました。

 

そんな母親を、大黒摩季さんは毎日看病されているそうです。

 

もしかしたら大黒摩季さんを再びステージへと、背中を押してくれたのは母親だったのかもしれませんね。

 

最近の活動としては、11月23日にベストアルバムがリリースされますが、収録曲の「My Will ~世界は変えられなくても~」はドラマ『科捜研の女』の主題歌にもなってますね。

 

ライブが復活すれば、大黒摩季さんは再び多忙な日々になるとは思います。

 

無理をせずにマイペースで歌い続けてくれればと思います。

 

Sponsored Link

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。