慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

岡崎体育がさんまの転職DE天職に出演!MusicVideoは?動画

岡崎体育

岡崎体育が『明石家さんまの転職DE天職』に出演!

岡崎体育さんが10月10日に日本テレビで放送される『明石家さんまの転職DE天職』に出演です!

どんなトークになるんでしょうかね?

岡崎体育

 

『転職DE天職』の番組ですから、

 

「あの時の転職があったおかげで、今の自分がある」的なトークを、さんまさんから振られるんですかね。

 

そうだとしたら、岡崎体育さんの場合は、大学卒業後に一度は一般企業に就職するものの、音楽への夢が捨てきれなかった。

 

そのため、せっかく就職した会社を約1年ほどで退職して、地元のスーパーでアルバイトをしながら、音楽活動を続ける決断をした。という話でしょうね。

 

まさしく人生を大きく変えた『転職』であり、結果『天職』につけた訳ですから。

 

Sponsored Link

 

岡崎体育さんは、14才のときには任天堂DS「大合唱バンドブラザーズ」で作曲を始めたそうです。

 

「大合唱バンドブラザーズ」は、音符をそのまま書き込んでいける本格的な作曲から、鼻歌を楽譜に変えてくれる簡単な作曲まであります。

ニンテンド大合唱

 

14才のときの岡崎体育さんがどのレベルで作曲していたかまでは、ちょっとわかりませんが。

 

でもピアノを小学校の時からやっていたそうなので、楽譜は間違いなく読めたのではと思います。

もしさらに本格的にピアノをやっていたのであれば、音階と音符で音の高さがわかるレベルまで行っていたかもしれません。

 

もしそうなら、そのまま音符を書き込む本格的な作曲を、ニンテンドーDSで14才の岡崎体育さんが、きっとやられていたんでしょうね。

 

しかし、一度就職した会社をやめてアルバイトをやりながら音楽活動をするというのは、勇気がいることです。

 

それに岡崎体育さんの場合はご両親と、27歳までにメジャーデビューできなければ諦める、という約束していたわけで、時間が切られていると必死にならざる負えないじゃないですか。

 

1年が過ぎ、2年が過ぎと時間だけが経過していく時の、プレッシャーは相当なものだったんでしょうね。

 

岡崎体育さんの場合は、正社員からアルバイトへの転職が、今の天職に結びついたわけですから、ほんとよかったです。

 

Sponsored Link

 

岡崎体育のミュージックビデオの歌詞がネタバレ!

岡崎体育さんといえば、『MUSIC VIDEO』ですよね。

 

嘘かホントか、このPVが出回ったせいで、他の歌手のPV(すなわちミュージックビデオ)が作りづらくなってしまったとか。

 

なぜなら、ミュージックビデオで使われる撮影手法を歌に乗せて、いろいろとネタバレさせてしまったわけですから。

 

この『MUSIC VIDEO』の歌詞で私が一番気に入っているのは、①、②、③と番号をつけて、ミュージックビデオにおける女の子の演出講座を歌っている部分です。

 

「泣かして、音楽を聴かせて、最後に倒れさす。」

 

思わず、大きく頷いてしまいました。

 

で、たしかにこんな演出をよく見た記憶があるなあと思いましたが、でもメジャーな歌手のPVはさすがに、こんなになってないしと。

 

よくよく考えてみると、カラオケでの映像でした!

 

まさしく、歌に合わせて、涙を流して、まどにもたれかかり、最後はか弱く倒れさす。

う~ん、何度もこんな映像とともに歌ってたのを思い出しました。

 

下手な歌には、こんなベタな演出がピッタリ!

 

でもホントによくミュージックビデオを研究しましたよね、岡崎体育さん。

ここまで見事に演習方法のネタバレをしてもらえると、なんか得した気分になります。

 

岡崎体育さんは、きっとかなり鋭い感性の持ち主でしょうから、もっともっとバラエティ番組にでて、シャープなツッコミを見せてほしいですね。

 

こらからの活躍を期待してま~す!

 

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。