慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

アクアリウム世界一は?ボトリウムの自作は?アートアクアリウムは?

2bf6e2169a4311e217e62f8dabaa32a6_s

アクアリウムとは?

アクアリウムとは、一般的には水槽で熱帯魚やその他の小魚を育てる趣味のことを指します。

 

趣味の一つの要素として、鑑賞がありますので、水槽は観賞魚と水草などの装飾品がバランスよく、色彩的にもより美しくなっていることを目標にします。

綺麗なアクアリウムの水槽は、思わずずっと見ていたくなりますからね。

 

アクアリウムは一般的には淡水魚が中心になりますが、上級者になると海水魚でアクアリウムを楽しめるようになります。

海水魚のほうが色彩的に鮮やかな魚が多いのですが、塩水は扱いが難しく、手間も淡水よりはよりかかります。

 

アクアリウム世界一は深田崇敬さんという日本人

2015年のThe International AQUATIC PLANTS Layout Contestの優勝者は深田崇敬さんです。日本人の優勝は12ぶりの快挙だそうです。

 

Sponsored Link

家が狭い日本では、数多くのアクアリウムの水槽を維持管理するのは難しいので、日本人は若干ハンディがありますが、持ち前の美意識で今後も優勝を重ねていって欲しいですね。

 

ボトリウムなら自作出来てオリジナル作品を作れる

ボトリウムはボトルアクアリウムの略で、ボトルで作るアクアリウムになります。

ボトリウム

 

水槽のような大掛かりなものに比べて手軽に始められるの利点です。またボトルの形もいろいろと選べるので、デザイン的にもオシャレなものがつくれます。

水槽で形を凝ったものにしようとすると、かなり高めの値段になってしまうので、個人ではちょっと難しいですし。

 

ボトリウムを始める場合は、まず水草だけで様子をみて、元気に育つ環境が整ってから観賞魚を入れたほうが、失敗が少ないですね。

 

ボトリウムの利点の一つは水換えが簡単にできること。まずは3日に1回はボトルの水3分の1ほどを入れ替えるようにしましょう。

 

そして目指すのは「生物ろ過」の環境をボトル内に作ること。「生物ろ過」は観賞魚の糞やエサの食べ残しから発生するアンモニアを分解して、無害化する菌を常駐させることです。

初心者であれば、バクテリア剤を購入して入れるのがお手軽かもしれません。

 

あと生物ろ過を十分に行うためにも、ボトリウムに入れる観賞魚は極力少なめにしないといけません。目安としては、1cmの観賞魚を1匹入れるのに約0.4リットルは必要ですかね。

2匹だと0.8リットルなので、ボトリウムではこのあたりが限界でしょうか。

 

アートアクアリウム

芸術性を高めてアートの域まで高めたのがアートアクアリウムになります。

 

アートアクアリウム

「アートアクアリウム 2016 ~江戸・金魚の涼~ &ナイトアクアリウム」が中央区日本橋のコレド室町で開催されています。

 

アクアリウムの魅力に触れてみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。