慶応卒、50代で早期リタイヤしアメリカ移住したヒロキから見る世界。

コイニーがCoineyペイジでの決済サービスを!使い方は?スマホでOK?

6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_s

コイニー株式会社が『Coineyペイジ』のサービスを始めました。このサービスは、もしかしたら、現金を持ち歩かなくていい、「キャッシュレス」社会への第一歩かもしれないと思います。

Coineyペイジ

おそらく似たようなサービスが今後どんどん出てくると思いますが、普及すればするほど、「現金」も銀行への「振り込み」も使わない時代がすぐそこまで来ている証拠ですね。

 

コイニーとは?

コイニー株式会社は2009年に、米ペイパルの日本法人立ち上げに関わった人やサイバーエージェント(株)でアメリカ法人CEOが参画して起業した会社になります。

 

現在は、買い物や学習塾などの習い事をした時の、代金や月謝の支払いは「現金」、「銀行振込」(または「銀行引き落とし」)または「クレジットカード決済」がおもな方法ではないでしょうか。

 

いすれも「お金を払う人」「お金を戴く人」それぞれの立場で考えると、みんなが「簡単」に済ませられるわけではありません。

 

例えば、「現金」であれば、必要な金額を持ち歩かなければいけないし、受け取った方も銀行に持って行って「預金」をしなければいけません。

 

「振込」「引き落とし」も事前の登録が必要です。印鑑相違等で何度のやり直しをさせられた記憶のある方も多いのではないでしょうか。

 

簡単そうな「クレジットカード決済」もお店にしてみれば、専用端末を持たなければいけないし、その専用端末は移動ができないので、出張販売の時には使えないことになります。

クレジットカード決済

コイニーはこれらの面倒くさいことをなくして、もっと簡単に決済ができるようになることを目的にしています。

 

Sponsored Link

Coineyペイジとは?

お店の人は件名と金額をCoineyペイジに入力して、お客様のメールアドレス宛にURLを送信するだけ。

受け取ったお客様は、メールで受け取ったCoineyペイジからクレジットカード番号とセキュリティーコードを入力するだけで、決済が完了し、領収書もメールアドレスに自動で送信されるという簡単さです。

 

これなら月次の月謝の請求も簡単ですし、月ごとに違う金額での請求も簡単にできます。物販のお店でも、お客様のメールアドレスさえいただければ、その場でクレジットカード決済ができます。当然、専用端末なんて不要!

 

Coineyペイジはスマホ・ユーザーならホントに便利!

インターネットをやられない高齢者の方には、不向きかもしれませんが、スマホ・ユーザーならその場で決済が可能なので、かなりの割合の消費者をカバーできるサービスではないでしょうか。

 

それにコイニーに対応して自動で家計簿や収支表を作ってくれる、スマホアプリも出てくるかもしれません。

 

海外でコイニーのような決済サービスはあるか?

決済先進国のアメリカを例に上げると、コイニーと同等の決済サービスが広く普及しています。

ペイパルを使えばコイニーと同じことができます。というか、ペイパルの決済サービスを日本用にアレンジしたのがコイニーといえるのかと思います。

 

銀行引き落としの登録なんて不要ですし、月次の支払金額が違っても何の問題もなく、決済ウェブアドレスが自分のメールアドレス宛に送られてきて、クリックして決済して終了です。

 

支払い済みかどうかの確認も、メールの履歴を見ればすぐにわかるので、ホントに便利です。

 

コイニーやペイパル経由の決済ではありませんが、アメリカでは全てのお店にほぼ100%、クレジットカードまたはデビットカードの専用端末も備えられているので、現金を持つことはほぼ不要です。

 

笑えない冗談としては、子どもたちにお金のコインの数え方を教えるのが年々大変になっているんだとか。

コイン

お母さんとスーパーに買い物に行っても、マックでハンバーガーを注文しても、あえて現金を出さないかぎり、カード一枚で済んでしまいますからね。

 

10年後、20年後にはどんな世の中になっているんでしょうか。

 

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。